『ねじまきカギュー』第4巻 レビュー・感想です。

スポンサーリンク



『ねじまきカギュー』最新レビューリンク など

・『ねじまきカギュー』 最新刊レビュー
・前巻『ねじまきカギュー』第3巻 レビュー

・『ねじまきカギュー』 レビュー一覧

ねじまきカギュー 4 ヤングジャンプコミックスDIGITAL
ねじまきカギュー 4 ヤングジャンプコミックスDIGITAL

” 僕の…個性…それは… “
” 生徒に注ぐ無性の愛だ “





激化するカギューちゃんと紫乃の戦い!!
幼少からの徹底した帝王教育のため自らに感情を閉ざすこと課していた紫乃。

“それこそが ワシの矜持!!!”

ねじまきカギュー 犬塚紫乃

その自分の決意が間違ってなかったことを証明するために負けることはできない。
しかし、そんな自分とは対照的にひたすらに自分の気持ちに素直なカギューちゃんと戦ううちに…


遂に感情を露にする紫乃。

ようやく感情を表に出した紫乃を正面から受け止めるカギューちゃん。
そして、自分の体が傷つくことも省みず、拘束具を噛み切ったカモ。

“あのときみたいに”

葱沢鴨 無償の愛

“笑うと とっても 可愛いから”

そして、遂に紫乃の理性の仮面が剥がれ落ち、それとともに…

“ワシは何故こんなにも お前のことが嫌いなのか…わかった”

“ワシは…ワシは…”

“ほんとうはお前みたいに生きたかったんだ”

みるみるうちに年相応の体に成長した紫乃。。

犬塚紫乃 心因性成長障害 ねじまきカギュー 急成長

唖然とする一同の中、唯一人動じることのない理事長。
これこそが絶対個性主義の極致だという理事長。
彼曰く、この紫乃の成長は”心因性成長障害”によるものだと。
幼い頃からの父親による厳しいしつけの正で”子供でいること”を許されなかった紫乃。
紫乃の自我はそれに耐えきれなくなり、身体が成長を拒んだと。。
故に彼女の身体はカモと会わなくなって以来成長していない…と。

“「成長しない身体」の代償に「鋼鉄の理性」という個性を手に入れたのだ”

人智を超えた奇蹟のような紫乃の変化に感動したという理事長でしたが…
負けた紫乃には価値がないと即座に切り捨てます。

ねじまきカギュー 二千恵理事長 絶対個性主義

“この学園で個性で敗けるということ…それすなわち”
“死と同義である”

ねじまきカギュー すごい漫画 インパクト 二千恵理事長 絶対個性主義

“敗けた個性に 価値なし”

そして、敗北した紫乃に風紀委員4人分の罰を与えようとする理事長でしたが…。
紫乃を庇うカギューちゃんとオルフェ達。。

しかし、理事長の秘書、愛莉州の圧倒的な力の前に次々に敗れていく。
紫乃との激闘の後で満身創痍のカギューちゃんに愛莉州の鞭が迫ったとき。。
森先生に拘束を解かれたカモ先生が身体を張ってとめ、理事長に対する!!
生徒の個性を折る前に自分の個性を折ってみろというカモに、カモのことを無個性の石コロと見下していた理事長はカモの個性は何かと問います。

“僕の…個性…それは…”
“生徒に注ぐ無償の愛だ”

ねじまきカギュー 葱沢鴨 個性 無償の愛

“あなたが生徒を無慈悲に捨てるのなら”
“僕はそれを受け入れる居場所になる!”

理事長に宣戦布告するカモ先生。
そして意外にもあっさりと引き下がる理事長。

“彼らはオモシロイ だから 泳がす”
“最強の個性を 私が食べる それがカギューたんなら”

ねじまきカギュー 二千恵理人

“カギューは俺の嫁”

結果、カギューちゃんのカモ先生へのアプローチは認められるようになり、一方で、風紀委員は解体。。
ともあれ、とりあえず一旦は一件落着ということで理事長御前死合は幕を閉じます。

そして、新たに現れたカモにほのかな想いを寄せる女子高生、中村窈が登場。
一見普通の女子高生に見える彼女ですが、彼女にも大きな秘密があり…。

更には、風紀委員の解体により停学がとけた我他彼三姉妹。
風紀四天王4人掛かりでなんとか風紀を執行した彼女たちが…再び…。

更に、更にはカギューちゃんのお姉さんマブルゥも登場。。

ねじまきカギュー マブルゥ

次は我他彼三姉妹が騒動を巻き起こすかと思いきや、37話最後でボロ雑巾のようになって発見される三人。

その場には場所の壁や地面には螺旋のようにえぐられた痕が…。

怒濤の新キャラ登場な第4巻でした。
それにしてもマブルゥって…なんで姉妹でそんなに名前違うんだろうwww
超シスコンなお姉ちゃんのようですがwww

それにしてもせっかく相応の成長を遂げたはずの紫乃の身体が元に戻ってましたね。
ふたたび、理性という名の仮面を被ったわけですか…。
てか、ストレスが解放されたんじゃなかったのか??
それとも結局父親とうまく行かなかったのか??
個人的にはやはりオルフェがいいですね。。偲ぶ恋というか、健気過ぎますが。。

それから窈ですね。この子もなかなかの怪物的ヤバイ系っぽいですね。
なんというか、危なっかしい感じが。。

対風紀委員編が終結し、次は…。

『ねじまきカギュー』前後話レビューリンクなど

・『ねじまきカギュー』第3巻 レビュー
・『ねじまきカギュー』第5巻 レビュー

・『ねじまきカギュー』 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。

 
スポンサーリンク