『ねじまきカギュー』第2巻 レビュー・感想です。

スポンサーリンク



『ねじまきカギュー』最新レビューリンク など

・『ねじまきカギュー』 最新刊レビュー
・前巻『ねじまきカギュー』第1巻 レビュー

・『ねじまきカギュー』 レビュー一覧

スポンサーリンク



シュトヘル-悪霊- 最新レビューリンク など

・『ねじまきカギュー』 最新刊レビュー
・前巻『ねじまきカギュー』第15巻 レビュー

・『ねじまきカギュー』 レビュー一覧

ねじまきカギュー 2 ヤングジャンプコミックスDIGITAL
ねじまきカギュー 2 ヤングジャンプコミックスDIGITAL

” かたつむりってさ 歩みは遅いしたまに殻に閉じこもっちゃうけどさ… “
” でもさ いいところもあるんだ!! “
” いつだって前にしか進まないんだ “





カギューちゃんの前に立ちふさがる次なる敵は…
風紀四天王!!
理事長の掲げる絶対個性主義の名のもと、正義を執行する彼女たち。

“学園の安全と秩序は”

ねじまきカギュー 風紀四天王 山田織筆

“我ら風紀委員が守る”

理事長の掲げる唯一の校則“絶対個性主義(キャライズム)”とは…

“君たち生徒諸君には自分のやりたいことをやる権利がある 廊下を走るもよし 物を盗むもよし 人を殴るもよし”
“それが個性だと認められればな”

ねじまきカギュー 絶対個性主義

“この憂いし国に求められるのは個性 だが 強い個性には強い責任が伴う”
“てめーらのケツはてめーらが拭け それが実学だ”

強い個性を止められるのはより強い個性だけ。
学園長はその絶対個性主義のもと個性の蠱毒ともいえる学園で、”絶対最強の個性”を求めている。

その行き過ぎた正義の執行に…

“女の子を”

ねじまきカギュー 鉤生十兵衛 男前

“泣かせるな”

カギューちゃん男らしすぎるwww

風紀委員の真の標的は…カギューちゃんでした。
カギューちゃんのカモ先生への求愛を不純異性交遊として糾弾する風紀委員ですが…。

“五月蝿い”

愛は風紀より尊い

“愛は風紀より尊い”

風紀委員と対立することになったカギューちゃん。。

時を同じくして、カモの元に風紀委員から届いた警告状。
不純異性交遊をやめなければ、生徒会に上訴しカモ、あるいはカギューちゃんどちらかを学園から追放するとの旨。
カギューちゃんのために距離をとるカモでしたが…距離を取られたことよりも、そんな彼の辛そうな様子に…

ねじまきカギュー インパクト

一方、思い悩む彼の前に現れたのは、彼のイトコであり学園の生徒犬塚紫乃。
彼女と出会い初心を思い出したカモでしたが…犬塚紫乃こそが風紀四天王最後の一人。
風紀委員長その人!!

ねじまきカギュー 風紀委員長 犬塚紫乃

カギューちゃんの退学を宣告する紫乃。

ねじまきカギュー インパクト 衝撃 天才

しかし、カモがカギューちゃんの退学を撤回する為に自ら辞職を申し出る。
そんなカモに失望したと言う紫乃。
“先生の夢がそんなものだとは… その程度のものでしかなかったとは…” と。

“僕は教師になりたかったんじゃない”

ねじまきカギュー 葱沢鴨

“生徒の為なら死ねる”
“そんな教師になりたかったんだ”

カモの辞職を知って落ち込み、自分を責めるカギューちゃんの姿に、カモの辞表が生徒会に受理される前に奪還しようとする富江と朱羽…そしてエグ美。
vs.風紀四天王!!
満身創痍になりながらもなんとかマチルダを退け辞表を手にした3人でしたが、彼女たちの前に立ちはだかる紫乃の右腕、フェンシング部部長山田織筆。。
彼女の前に3人はなす術もなく…。

至高の愛とは自己犠牲であると主張する彼女は、カギューちゃんにカモの為に犠牲になってくれと諭しますが…

皆の声に励まされ、カモの言葉を思い出すカギューちゃん

“かたつむりってさ 歩みは遅いしたまに殻に閉じこもっちゃうけどさ…”
“でもさ いいところもあるんだ!!”

“いつだって前にしか進まないんだ”

遂に、カギューちゃん復活!!

“己はカギュー 前しか見ない”

カギューちゃんvsオルフェ!!
愛に生きるもの同士、互いの愛の為に戦う!!

ちなみに今回から登場のカモ先生の同僚、美人教師森先生ですが、今後結構重要な役回りに…。

しかし、むずかしいですね。。
愛とは…相手を想うということとは…。
相手のために行なったことが逆に相手を傷つけることもあれば、相手のために己の想いを殺さなくてはならない事もある。。
皆が皆カギューちゃんのように自分の想いに素直に生きれるわけじゃありませんからね。
十人いれば愛の形も十通りということでしょうね。。

それにしても、絶対個性主義。
多少極論過ぎるキライはありますが、”強い個性には強い責任が伴う”とか、そのあたりは確かにって感じですね。
最近は自分の行動に責任を持たない人が多いですからね。
ある意味正しい教育かとも思ったり。。

それにしてもカモが格好良すぎる。
“生徒の為に死ねる教師”…か。
それくらいの気概で教師やってる人ってどのくらいいるんだろう??

『ねじまきカギュー』前後話レビューリンクなど

・『ねじまきカギュー』第1巻 レビュー
・『ねじまきカギュー』第3巻 レビュー

・『ねじまきカギュー』 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。

 
スポンサーリンク