プランダラ 第27話 「選民」レビューです。


スポンサーリンク









漫画レビュー 水無月すう リヒトー=バッハ ジェイル アルシング 空の落し物 撃墜王 アビス

プランダラ 最新レビューリンク など

・ プランダラ 最新話レビュー

・前話 第26話「ボクのカウントは」 レビュー

・『プランダラ』 レビュー一覧

第27話「選民」

前話の第26話「ボクのカウントは」で、ついにリヒトーバロットが何をカウントしているのか、そして「殺さない軍隊」のはずの離人がなぜ人を殺すことになったのかがあきらかになりました。

今回の第27話では前話末でナナが口にした新事実「選民」の実態、リヒトーとナナ以外の5人の「撃墜王」の素性、そしてリヒトーが300年間背負い続けている「後悔」の正体など様々なことがあきらかになりました。

ではそれぞれ見てみましょう。

7人の撃墜王

まずは、「撃墜王」が誰なのかということですが…。

「撃墜王」は全員で7人です。

リヒトー一人に「殺し」をさせまいとしたAクラス全員が遺伝子調査をした結果、適応したのが5人。

「瞬撃」の撃墜王 坂井時風

「重撃」の撃墜王 道安武虎

プランダラ 撃墜王

「追撃」の撃墜王 園原水花

「爆撃」の撃墜王 アラン大尉

最後の一人はナナも名前も顔も知らない人物で、完全に別行動をしていたそうです。

ナナの言い方からするとAクラスの人間のようですが、個人的には最後の一人はフィレンダ少尉なのではないかと…。

それにしてもやっぱりアラン大尉は「撃墜王」だったか…。しかし、アラン大尉の方が上官なのに隊長はリヒトーだったんですね。。

ともかく、どうやら「撃墜王」に関してはいろいろと設定の変更もあるみたいなのでその辺は別記事にまとめます。

>『プランダラ』考察 -「撃墜王」とは-(作成中)

それはそうと、「撃墜王」の正体は妥当な面子でしたが、道安武虎もリヒトーのために「撃墜王」になったというのは少々意外でした。まあ、他に思惑があったのかもしれませんが…

…というか、道安ってAクラス だったっけか…

7つのバロットと「選民」

さて、もう一つ明らかになったことは前話末でナナが口にした「選民」という言葉。

教官たちが集めようとしたのは7つすべてのバロットです。

戦争停止なら過半数の4個集めれば事足りるのになぜ7つすべてを集めようとしたのか。

7つ集めることでのオリジナルバロットは「未知の力」が発揮します。

その未知の力「全会一致」理想郷「アルシア」を創造するというのが教官たちの思惑だったようです。

スクリーンショット 2017-04-29 1.03.09

教官達が行ったことは以下の通りです。

・様々な人種から1000の受精卵を選び、「アルシア国民」とする。

・地上3000mに「アルシア国土」を造る。

・地上のあらゆる資源を奪う。

こうすることで「アルシア国民」は文明を奪われ、誰一人「議会」の正体を知らないことになり、また資源不足で地上から「アルシア」に接触することは不可能になります。

その上で、「議会」による絶対統治を行ったのだと。これが「選民」というわけです。

だからこそ「カウントの義務化」「空を飛ぶ研究が禁止」されていたわけですね。

この可決は副作用で眠っていたナナと心の壊れた園原、そして既にシュメルマンの「殺意」に支配され正気を失っていたリヒトー以外の撃墜王は皆賛同したそうです。

その中でただ一人の「撃墜王」だけが猛烈に反対した。

それが

「瞬撃の撃墜王」

瞬撃の撃墜王 坂井時風

坂井時風

“他の「撃墜王」は全員賛同した”って言ってましたけど、そうすると結局賛同したのってアラン大尉と道安武虎、それから最後の正体不明の撃墜王の3人だけですよね笑

この可決によって、Aクラスのみんなは「選ばれ」ず、見捨てられる結果になるわけですが、それにしても道安はまだしも、Aクラスが見捨てられるとわかってアラン大尉が賛同したのは意外でしたね。

まあでも、彼の場合はもともと「アルシア」創造のためにシュメルマン達と尽力してきたのでしょうから、苦渋の決断ののちに賛同したのでしょうね。

第21話「露見」でも「自分たち年寄りが諦めて子供に回せば食料は足りる」とか、「議会でそう可決すれば」とか、「この世界はもう手遅れだ」とか、「アルシア」創造を匂わせるような発言をしていましたし…。

それにしても、こうして「アルシア」が造られたのだとすれば、「アルシア」における王族とはなんなのでしょう。たしか、シュメルマンは王族直属の特務部隊の隊長だったはず…。

それに、せっかく何も知らない世代を「アルシア国民」にしたのなら、なぜ「廃棄戦争」「撃墜王」という「議会」の存在にたどり着きかねない知識を規制しなかったのか…。

さておき、ただ一人反対した時風はオリジナルバロットを一つ盗み、Aクラスのみんなの元に向かいますが…。

そこで、惨劇が起きます…


スポンサーリンク




リヒトーの変化

ところで、先ほどリヒトーがシュメルマンの「殺意」に支配され正気を失ったと書きましたが、本当にもうリヒトーの変化の過程は読んでて痛々しい程でした。

ちなみに、リヒトーの昔と現在の容姿の違いは、「シュメルマンの遺伝子」を過剰に取り込んだ結果だそうです。

さらにリヒトーの変化は外面だけにとどまりません。

廃棄戦争が始まり、「みんなの代わりに敵を殺すこと」を誓ったリヒトーが、初日に殺した敵の数は337人。

それでもはじめのうちは以前通り優しい笑顔で周りと接していたリヒトーでしたが、徐々にシュメルマンの「殺意」に支配されて行き、殺した数が1万を超えた頃には既にその顔から笑顔はなくなっていました。

リヒトー=バッハ シュメルマンの殺意

それでもなお、隊長としてクラスメートたちに敵を殺さないようにと命じる姿は、もうなんというか…。

指揮のトップはシュメルマンのはずですが、「殺さない軍隊」を提案していた彼は一体どんな顔でリヒトーを戦場に出していたのでしょうね。

過去編のシュメルマンからはそうは思いたくありませんが、現在のシュメルマンから考えると、リヒトーのこの性格も含めて彼の計画だったのかなとも思えます。

ただね、25話「閃撃の撃墜王」のレビューでも少し書きましたが、少なくとも過去編のシュメルマンは心からリヒトーたちのことを考えている感じがするんですよねぇ。

やはりシュメルマンもまた、300年の時の中で、自身の「殺意」に支配されてしまったのでしょうか。シュメルマンの変化にはフィレンダが大きく関わっているのでは、と考えています。

それにアランはどうしていたのでしょう、リヒトーは彼にも敵を殺さないよう命じていたということでしょうか。なんだか「撃墜王」に生徒以外が入ってくると複雑ですね。

さて、リヒトーはその頃から仮面を被り、みんなの前では決して外すことはなくなります。

そしてそんなリヒトーの姿を見かねて、上記のように他の「撃墜王」が生まれたわけですが、それでもリヒトーは皆に「殺すな」と命令をし、一人で敵を殺し続けます。

しかし、ついに殺した数が10万を超えた頃、リヒトーは完全にシュメルマンの「殺意」に支配されてしまいます。

ちなみに、園原の心が壊れたのは、シュメルマンの「殺意」に支配されたリヒトーに斬りつけられたことが原因です。

この時点で、リヒトーはもはや「人」ではなく、普段は拘束され出撃の際は「薬」を打たれ、敵地に「投下」される存在になっていました。

…余談ですが、リヒトーへの「投薬」をいつも通りの笑顔で行うフィレンダ少尉って…この人が一番やばいよな。。

リヒトーがそんな状態になっても、皆はリヒトーの命令に従うしかありません。

スクリーンショット 2017-04-29 2.14.49

なぜなら、リヒトーをささえているのは「Aクラスのみんなに殺させないという願い」で、もしそれが破られればもう二度とリヒトーが元に戻らないと心のどこかでわかっていたから。

なんだかもう、泣かせにきてるだろってくらい、泣ける。。

ちなみにこの頃、園原のバロットカウンターが36になっていました。彼女のバロットは何をカウントしていたのでしょうね。

リヒトーが元に戻るのをずっと信じ続けていた一ノ瀬さんも健気でした。

スクリーンショット 2017-04-29 2.49.03

リヒトーが元の「エッチで優しい離人」に戻ってくれるようにと…積み上げられた下着の山は正直ギャグかってくらいですが、なんだかそれも笑えないくらい切ない。

それにしても、なんだか最近一ノ瀬さんが陽菜に似ているように見えてきたのですが…。

まあ、一ノ瀬さんは「議会」に選ばれず、死んでしまっているので血縁ではないでしょうが、リヒトーは彼女の面影を陽菜に見てたりして…。

ただ、こうなるといくつか矛盾点が出てきますね。

・この流れならリヒトー以外誰も敵を殺していないはず。
→園原が唯一最後まで敵を殺さなかった「撃墜王」だと言及されている。

・リヒトーが園原に「敵を殺せ」と命令しているはずがない。
→園原本人がリヒトーに昔命令されたと言っている。

・「撃墜王」同士の戦いなんて起きる余裕もない。
→リヒトーが園原と戦う時に「撃墜王」どうしの戦いの際の決まりについて言及している。

さらに、リヒトーは少なくとも10万人殺しているわけで、彼のバロットのカウントは「みんなの代わりに敵を殺した数」ですから、5700はおろか、増幅した57000ですら全く及びもつかない値になっているはずです。

この辺りはどうなるのでしょうね。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク