武装少女マキャベリズム 第35話後編 レビュー 2ページ目です。

スポンサーリンク




漫画レビュー 武装少女 戦う美少女 天下五剣 鬼瓦輪 亀鶴城メアリ 眠目さとり 花酒蕨 因幡月夜 天羽斬々 納村不道 しなこいっ 竹刀短し恋セヨ乙女 黒神遊夜 雷神 鳴神虎春 番号持ち ネタバレ 遠山桜 榊龍之介

武装少女マキャベリズム 最新レビューリンク など

・『武装少女マキャベリズム』 最新話レビュー

・前話 第35話前編 レビュー

・『武装少女マキャベリズム』 レビュー一覧

愛地共生学園へ…。埜々邑のアテ。。

とりあえず、埜々邑の制止で、矛を収めた4人。

場が収まり、改めて千鳥が愛地矯正学園へ行くことが可能なのかを埜々邑に問いただします。

ちなみに、千鳥は愛地矯正学園への転入を一応は試みたそうです(笑)結果、ダメだったみたいですが(笑笑)

どうやら埜々邑には愛地共生学園に”アテ”があるそうで、交換留学という名目で”一緒に”いけるように計らうと約束します。

もともと埜々邑と青も愛地に乗り込むつもりだったようですね。

というか、埜々邑のいう”アテ”ですが…。このシルエットって…!!?

完全に虎春と祥乃ですよね。彼らの間に一体どんなつながりがあるのでしょう?少なくとも「番号持ち」の中には埜々邑なんて人物はいなかったはずですし…。埜々邑の正体の謎がまた深まりましたね。

ただ以前の虎春の感じからすると虎春自身は直接の面識はないようでしたね…。
スポンサーリンク



六王剣それぞれの思惑

と、3人で行くつもりの埜々邑でしたが、なんと他の3人の王もそれぞれの思惑を胸に愛地共生学園に乗り込む気満々です。

『親愛王』来栖聖愛は矯正という名の自己満足のために、『喧嘩王』中曽根小雪は全国制覇のために、『尊厳王』宗田憂は埜々邑の鼻を明かすために…。

それにしても、知らぬ間に敵、しかもかなりの難敵を作ってしまったノムラ。不憫ですね(笑)

それにしても、どうやらこの3人の反応すらも埜々邑の計略の範疇のようです。

言葉とは裏腹な不敵な表情。

それにしても「六王剣」全員が誇海を去ってしまったら、誇海がカオスになるのでは…??

それに斬々は??あの人、誇海共生学園に転校になったはずですよね?まさかの行き違いって展開ですか??一体彼女はいつ登場するんだ??

もしかして、転校したところで異変を感じて「六王剣」を追って斬々も再び愛地に戻ってくるってパターンですかね。。

あ〜、でも交換留学と言っても、手続きにそれなりに時間かかるでしょうし、少なくともノムラが雲耀に至るにはまだ時間がかかるでしょうから(埜々邑と戦うなら雲耀に至ってからでしょう)、そんな長期間斬々の転校、というか飛行機移動がかかるとは思えません。

そうなると、「六王剣」の愛地遠征の前に一度、誇海似て斬々と「六王剣」とが一戦交えることになるのかな。。

兎にも角にも、「六王剣」全員が乗り込んでくるとなれば、ほぼほぼ全面戦争ですね。

もちろん「六王剣」は「天下五剣」が迎え撃つことになるのでしょうが…。対戦カードの予想としては、「納村不動vs.埜々邑早雉」、「鬼瓦輪vs.龍造寺青」、「因幡月夜vs.霧崎千鳥」、「花酒蕨vs.宗田憂」、「亀鶴城メアリvs.来栖聖愛」、「眠目さとりvs.中曽根小雪」といったところでしょうか。

う〜ん…前4組は妥当な線かと思うのですが、後ろのふた組は難しいですね。それぞれ入れ替わっててもありえそうです。

それにしても、斬々のその後が気になりすぎる。。

前後話レビューリンクなど

・第35話前編 レビュー
・第36話前編 レビュー
>・「武装少女マキャベリズム」まとめ -『誇海共生学園』の頂点「六王剣」。「天下五剣」の誰と戦う!!?-

・『武装少女マキャベリズム』 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。
スポンサーリンク