武装少女マキャベリズム 第35話後編 レビューです

スポンサーリンク




漫画レビュー 武装少女 戦う美少女 天下五剣 鬼瓦輪 亀鶴城メアリ 眠目さとり 花酒蕨 因幡月夜 天羽斬々 納村不道 しなこいっ 竹刀短し恋セヨ乙女 黒神遊夜

武装少女マキャベリズム 最新レビューリンク など

・『武装少女マキャベリズム』 最新話レビュー

・前話 第35話前編 レビュー

・『武装少女マキャベリズム』 レビュー一覧

誇海の頂点!六王剣集結!!

第35話後編です。

前編は愛地にて、ノムラと月夜の凸凹師弟の修行開始が描かれましたが、後編は北の地「誇海共生学園」の様子が描かれました。

ついに北の頂点「六王剣」が集結。代表の埜々邑早雉を始め、誇海を統べる六人の王たち。

『酩酊王』 埜々邑早雉。『舞踏王』龍造寺青。『若年王』 霧崎千鳥。『喧嘩王』中曽根小雪。『親愛王』来栖聖愛。『尊厳王』宗田憂。

「六王剣」の詳細はこちらをご参照ください。
>・「武装少女マキャベリズム」まとめ -『誇海共生学園』の頂点「六王剣」。「天下五剣」の誰と戦う!!?-

作中で千鳥も言っていますが、肩書き(二つ名?)雑ですね(笑)おそらく「天下五剣」とは異なり、「六王剣」の肩書きは引き継ぐものではなく、王それぞれの特徴によってつけられるみたいですね。

千鳥もちゃっかり「六王剣」の一角に食い込んでいますね。どうやら埜々邑のせいで一つ空き席があったのだとか…。

「天下五剣」の面々も相当なものでしたが、「六王剣」はそれすら上回る曲者ぞろいのようです。

さらに、校風及び「六王剣」の特性(前任者を倒すことで就任)もあってか、それぞれが我、及び自尊心が強いようで、早々に「六王剣」同士揉め始めます。

しかし…
スポンサーリンク



六王剣代表『酩酊王』 埜々邑早雉。

揉める4人の王を前に『酩酊王』埜々邑早雉が動きます。

” それとも俺ちゃんの代表の座狙ってみる? “

圧倒的な威圧感。。

ちなみに、青は完全に埜々邑側についている模様。

埜々邑の隣で静かに睨みを利かせています。彼女はどうやら埜々邑の右腕的な存在のようです。「六王剣」は全く一枚岩には見えませんが、少なくとも埜々邑と青の間には強固なつながりがあるようですね。

古参の三人もそれほど仲が良いわけではないようで、特に『尊厳王』宗田憂と『親愛王』来栖聖愛は相性最悪の犬猿の仲のようです。

とはいえ、4人の王は埜々邑の言葉で刀を納め席に着きます。

「六王剣」の4人の王を有無も言わせず従わせる『酩酊王』埜々邑早雉。その実力の絶大さが伺い知れますね。

ちなみに、上述の通り千鳥が早々に「六王剣」の一員になれたのは、一席空席があったからですが、青いわく“早雉くんが勢い余って三人分穴空けた”そうで…。

一席分は青が空けたようですが、どうやら少なくとも「六王剣」の前任者2人を一人で倒してしまったようです。しかも「代表」を名乗っているということは、2人のうち1人は前「代表」??

鬼瓦輪と亀鶴城メアリの「天下五剣」2名を相手に圧倒した「女帝」天羽斬々と同格以上の力を持っていると考えられます。実際、愛地共生学園学園長である藤林祥乃も32話後編にて、埜々邑が斬々よりも格上であるだろうことを仄めかしています。

…それにしても、「六王剣」って瞳孔が特殊な人間が多すぎる…。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。

 

スポンサーリンク