武装少女マキャベリズム 第31話 レビュー 2ページ目です。

 

スポンサーリンク



 

漫画レビュー 武装少女 戦う美少女 天下五剣 鬼瓦輪 亀鶴城メアリ 眠目さとり 花酒蕨 因幡月夜 天羽斬々 納村不道 しなこいっ 竹刀短し恋セヨ乙女 黒神遊夜 雷神 鳴神虎春 番号持ち ネタバレ 遠山桜 榊龍之介

武装少女マキャベリズム 最新レビューリンク など

・『武装少女マキャベリズム』 最新話レビュー

・前話 第30話 レビュー

・『武装少女マキャベリズム』 レビュー一覧

「女帝」と「雷神」

そして、おそらくここからが新章(?)のプロローグとなるのかと思いますが…。

天羽斬々が学園長室に呼び出されます。

それにしてもすごい肉体強度ですね。勝ったノムラは怪我からくる発熱で寝込んでいるというのに…。

内面的にはまだボロボロなのかもしれませんが、少なくとも外面的にはすでに普段通りの振る舞いを見せています。

月夜の「雲耀」に加え、ノムラの「魔弾」を2発(だったっけか?)受けているというのに…。

さて、呼び出された学園長室、そこで斬々を待っていたのは…

雷神鳴神虎春

「雷神」鳴神虎春!!

ついに、表に出てきました。

とりあえず呼び出しの用件は、おそらく今回の騒動についての処分、あるいは虎春の斬々に対する個人的興味のどちらかだと思われますが…

以前、祥乃が「蠱毒」という言葉を出していましたが、その辺が関係してくるのかな??

というか、新章は斬々が主役で話が進むのか??

 

スポンサーリンク



 

『しなこいっ』と『武装少女マキャベリズム』

虎春の登場で、いよいよ本格的に『武装少女マキャベリズム』『しなこいっ』とをつなげてきましたね。。

これからは『しなこいっ』キャラの登場も楽しみの一つになります。将来的にはとか龍之介とかも出てくるのでしょうか。

それにしてもひとつ気になるのは、『しなこいっ』と『武装少女マキャヴェリズム』の力関係はどんなものなのかということです。

つまり、『マキャベリズム』ではかなりの強さを誇るノムラや斬々、そして天下五剣ですが、『しなこいっ』の「番号持ち」などと比べてどの程度の強さなのかということですね。

確か5巻(?)あたりの章間の四コマで書かれていたように、月夜は元「三番」ですが、『しなこいっ』本編では月夜の戦いは描かれていませんでしたので、実際どの程度のものなのか…。

少なくとも『しなこいっ』の時点では、虎春(「二番」)が手負いであっても、まだ及ばないという設定だったはずです。

おそらく、月夜をも上回った学園内最強の「女帝」斬々ですら、虎春にはまだ遠く及ばないのではないでしょうか。まあ、虎春は『しなこいっ』の中でも別格でしたから、下手すれば赤子扱いされるくらいかも…。

月夜が「魔物」、斬々が「怪物」だとすれば、虎春はさながら「魔神」とでも言ったところでしょうか。

と、いうか今回の事件というのは、斬々と虎春の対面ということ??

前後話レビューリンクなど

・第30話 レビュー
・第32話前編 レビュー

・『武装少女マキャベリズム』 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。

 

スポンサーリンク