『武装少女マキャベリズム』 第30話 レビューです。


スポンサーリンク









漫画レビュー 武装少女 戦う美少女 天下五剣 鬼瓦輪 亀鶴城メアリ 眠目さとり 花酒蕨 因幡月夜 天羽斬々 納村不道 しなこいっ 竹刀短し恋セヨ乙女 黒神遊夜

武装少女マキャベリズム 最新レビューリンク など

・『武装少女マキャベリズム』 最新話レビュー

・前話 第29話 レビュー

・『武装少女マキャベリズム』 レビュー一覧

「女帝」編終了

さて、前回遂に納村と「女帝」天羽斬々との戦いに決着がつきました。

満身創痍ながらも辛くも勝ちを拾った納村。

今回はそんな「女帝」戦のエピローグ的回です。

久々にのんびりした感じのお話になってます。

では今回も、めぼしいところをいくつかピックアップしてみましょうか。

予想外の超展開。納村の弟子入り!?

まずは個人的に一番インパクトのあったものから…。

前話の最後に、満身創痍の納村に背後から刀を突きつけた月夜。

絶対敗北必至の戦いの幕開けに…

正直、「月夜さん、そりゃないよ」とか、「剣士としてどうなの、それは」とか思っちゃってましたが…

予想の斜め上を行ってくれやがりました笑

” 私が師匠になって “

因幡月夜 ドヤ顔

” 貴方を矯正してあげます “

誰が予想したであろうまさかの展開。

弟子入りするor斬られる、という究極の二択。

しかも、判子をちらつかせる見事な飴と鞭っぷり!!

因幡月夜

本当に五剣最年少の中学生(というか飛び級してるから実年齢は小学生?)ですか!?

使い方が巧すぎて、高等部のお姉様方も顔負けです。

それにしても、月夜さん、納村のことがだいぶお気に入りになったみたいですね笑

まあ、この時はさとりの配下の覆面女子の乱入などでうやむやになりましたが、後々納村が月夜の判子をもらって外出許可を得たことから、どうやら弟子入りはしたみたいですね。

さすが、鳴神虎春の血縁なだけあって、なかなか強引ですが…。

月夜、いきいきしていてなんか可愛いい。ドヤ顔がむしろお子様感を一層強調してますし笑


スポンサーリンク




学園長参上!?

さらに、遂に学園長が表舞台に登場しました。

今までも、随所随所で出てはいたのですが、はっきりと「学園長」として登場したのは初めてじゃないですかね。

愛地共生学園学園長、 自称「経済的な忍者」藤林祥乃

「経済的な忍者」藤林祥乃

登場していきなり納村に対しての退学宣言。

相変わらず感情の読み取れない目をしてますね。

そして、さすがに「番号持ち」の「七番」なだけ(現在もかは不明)あり、倒れた斬々を襲おうとした覆面女子3名の武器を一瞬で取り上げるなどその実力は健在の模様。

まあ、退学宣言は冗談だったみたいです笑

愛地共生学園学園長藤林祥乃

本人曰く

” 私… お茶目な 学園長なので… “

あれ、藤林祥乃ってこんな人でしたっけ?

まあ、確かに『しなこいっ』の時から不思議ちゃんは入ってましたし、「私… 経済的な 忍者ですので…」は決めゼリフでしたけどっ。

ちなみに、

” これぞ忍法… “

2017-04-30 22.52.21

” 風の術… “

だそうです。。

もう一回言います。

藤林祥乃ってこんな人でしたっけ??

とにかく、今回の件納村は特にお咎めなしで済んだようです。

それにしても、月夜と祥乃、完全に確執がない感じですね。一度は敵対していたのに…。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク