武装少女マキャベリズム 第26話レビューです。


スポンサーリンク









漫画レビュー 武装少女 戦う美少女 天下五剣 鬼瓦輪 亀鶴城メアリ 眠目さとり 花酒蕨 因幡月夜 天羽斬々 納村不道 しなこいっ 竹刀短し恋セヨ乙女 黒神遊夜

武装少女マキャベリズム 最新レビューリンク など

・『武装少女マキャベリズム』 最新話レビュー

・『武装少女マキャベリズム』 レビュー一覧

納村と天羽

全ての因縁の始まりは納村不動と天羽斬々の出会い。

学園のトップに君臨していた天羽と、そこに転向してきた納村。

二人の関係性はその時から始まります。

一度は、友となったはずの二人でしたが…。。

どうやら斬々は、納村が欲しいがゆえに前の学校で納村の友人を随分と痛めつけていたようですね。

天羽の咆哮

さて、納村の登場で天羽の様子が一変します。

2016-06-08 7.07.16

これまで常に冷静だった天羽が納村の登場で、咆哮にも近い声をあげます。

その声は、怒号のようにも歓声のようにも悲鳴のようにも聞こえると。

納村に対して複雑な感情を抱いていた天羽ですから、その気持ちが咆哮として現れたのでしょうか。

しかし、納村は容赦なく斬々の顔面に拳を叩き込みます。

2016-06-08 7.07.42

もちろん斬々のオートカウンターも発動します。

その手刀は…

斬々は前の学校で納村の友人を痛めつけていたようですね。オートカウンターと斬々の意思

斬斬の手刀が納村の腹に突き刺さります!!

2016-06-08 7.08.04

技としては文句のつけようもないほど見事なカウンターです。

しかし、斬々はカウンターが発動したことにギリリと歯を食いしばってます。

それに…

2016-06-08 7.08.42

納村を貫いた血に染まった右手を見て動悸が激しくなっています。

どうも納村に危害を加えてしまうことにためらいがあるようですね。

先ほどの”ギリリッ”も自分の意思とは関係なく出てしまうオートカウンターへの苛立ちだったのかも。

斬々のオートカウンターの前に倒れた納村でしたが、腹部に仕込んでいた月刊エースのおかげでなんとか致命傷は回避できたようです。


スポンサーリンク




月夜と友達

一方おで、起き上がった納村に戻ってきたら自分に斬られるとは思わなかったのかと問いかける月夜。

” 友達でもないのに 私を庇ったつもりですか? “

そして、続けて…

” もしかして貴方 “

2016-06-08 7.09.02

” 私とお友達になりたいのですか? “

この子天然。。というか、友達欲しがりだな。。

月夜ってやっぱりカメオじゃなくて『竹刀短し恋せよ乙女』に出てきた月夜本人なのでしょうかね。。

そんな月夜に納村は友達は…

” 互いの望む望まないに拘わらず知らんうちになってるもんだろぉ “

2016-06-08 7.09.22

” 最初は嫌い合ってたとしても 何時の間にかそんなふうにな “

と答えます。そして思わせぶりなセリフを続けます。

” 逆になりたかった筈のヤツと “

2016-06-08 7.09.33

” とことん上手くいかなかったりもあるしなぁ “

これはどうやら斬々のことを言っているようですね。

二人の関係性が見えてきませんが、どうも納村は斬々にそこまで悪感情を抱いていなかったようですね。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク