マギ -MAGI- 第246夜「フェ二クスのいましめ」レビューです。

白龍軍の元へやってきた紅炎の部隊。


一見、何も不審のないように思えた白龍軍でしたが…。

紅炎の名を聞いた途端に豹変!!
「ベリアル」と「ザガン」の金属器を同時に発動することで、兵士を洗脳し狂戦士化させたということのようです。
ただ、「ベリアル」の効果範囲は半径10m以内しかないと。。
白龍はこの二つの金属器を用いて300人以上の兵力を得、遂に帝都に打って出ることに。
わざと「組織」の「分身体」2体を解放する白龍。
 
「分身体」の能力によって玉艶に知らされることを危惧したジュダルでしたが、白龍には考えがあるようです。
遂に、決戦の覚悟を決め、玉艶を殺す気持ちが固まった白龍。

しかし、その瞬間!!
彼の前に突如出現したジン。。

” 慈愛と調停のジン、フェニクス “
紅炎の命で白龍の殺意を調停したというフェニクス。
彼女の能力によって”いましめの輪”をかけられた白龍。
” 殺意は温められている間はただの卵。”
” だが、明確な意図と確信によって育てられ姿を成し、卵のからを突き破った時… “

” 私はそのヒナ鳥を縛り上げる。殺意と身体を遮断する。おまえは殺戮を行動に移すことができない “
ということのようですが…。
しかし、”いましめの輪”によって地獄の苦しみを与えられている白龍は自らの足に刀を突き立て…。
” 欺瞞の鎖で俺は止められんぞ!! “

” 紅炎!!! “
もちろんフェニクスの呪縛は解けるわけではありませんが、強靭な精神力で進軍する白龍。
ジュダルは”とっておき”を試すために一旦白龍と離れ…。
半日後。
帝都「洛昌」

「転送魔法陣」によって帝都に攻め入る白龍。
更にジュダルの「遠隔透視魔法」によって、白龍のルフの記憶を全員にみせる。
” 俺こそが、 “
練白龍 正統な王
” 煌帝国の正統な王だ!!! “
堕天して、迷いがなくなってからの白龍はカリスマが発揮されてきましたね。

>マギ -MAGI- レビュー一覧<