食戟のソーマ 173 “不平等” レビューです。





一次試験開幕!!

ついに進級試験、一次試験が開始!!

一次試験のルールは簡単、5人一組のチームで料理を一皿作り、その料理が合格ラインに届けば5人ともに合格、逆に合格ラインに届かなかった場合は5人全員が退学処分になるというもの。

班分けはあらかじめ学園側で決められており、創真の班は…

2016-07-12 6.10.24

幸平創真、薙切アリス、黒木場リョウ、田所恵、吉野悠姫

露骨過ぎるほど露骨な班わけ。

反逆者はまとめて退学させようという薊の思惑が透けて見えます笑

でもこの班分けって諸刃の剣ですよね。逆に言えば1年トップランカーの生徒たちを一堂に集めてしまっているわけですから。むしろバラした方が落第確率は上がるのではないだろうか…。

作者の都合もあったりして笑笑

ちなみに、部屋は幾つかあって、えりなは創真たちと同室ですが、タクミや他の極星寮組は別室で試験を受けているようです。

さて、創真たちの部屋の課題食材は”鮭”

課題達成要件は試験官が“美味しいと認めるレベル”と、非常に主観的。。

魚介のスペシャリストの黒木場と港町育ちの恵を擁する創真班。

課題クリアは容易に思えますが…

2016-07-12 6.11.49

試験官の口から意外な発言が…

後存知の通り、一般生徒は事前に薊の特別授業を受けています。

その際の薊の授業の通りに調理すれば十分に合格ラインは越えることができると言う試験官。

うわ〜陰湿。てか露骨笑笑

それにしても、試験官だけならまだしも、薊も共謀してるとは…。

かなり陰湿な嫌がらせではありますが、合格ラインに達するだけの美味しいものが作れれば問題ないわけです。

しかし、もちろん学園側の嫌がらせはこれだけでは終わりません。。

絶体絶命、仕組まれた課題

創真、アリス、黒木場の3人は”鮭”という課題に違和感を覚えます。

その理由はひとえに季節。

2016-07-12 6.12.13

秋が旬の鮭をわざわざ、身の質が落ち始めた冬に課題として取り上げることへの違和感。

その違和感の答えはすぐにわかります。

旬を外れたのにもかかわらず、各班に配られる上物の鮭たち。

しかし…

2016-07-12 6.12.23

幸平班にあてがわれたのは「ホッチャレ」と呼ばれる通常食用にされない最低レベルの質の鮭。

このやり口は…ひどい。

食材に不満があるなら自分たちで揃えても良いという試験官ですが、旬を外れた時期に上物の鮭を揃えることができたのは遠月の力を持ってしてこそ。

つまり、個人レベルで合格ラインに届く上物の鮭を手に入れることは事実上不可能だということです。

すでにもう陰湿とかそういうレベルじゃないですね。

2016-07-12 6.13.04

というかこの試験官、露骨すぎて逆に気持ちがいいわ笑

自分でネタばらししてるところとか、えりなに揉手してるところとか小物っぷりが甚だしいですが。。

一次試験の制限時間は日没まで。

熟成などの方法を使うにも、時間が足りない。

創真をしても、さすがに「ホッチャレ」の味を良くするアイディアは思いつかないようです。

まさしく絶体絶命の状況。

ちなみに、どうやらそれぞれの部屋で反逆者は同じような仕打ちを受けてるみたいです。

2016-07-12 6.12.45

どこもなかなか面白い組み合わせですね。

肉魅&榊さん、ちょっと心もとないかな。

てか、丸井が描かれてない笑

5人で1班のはずですが、他のメンツはどんな感じなんでしょうね。




勝機あり!!?

この上なく厳しい状況に置かれた創真たち。

しかし…

” 私が気にかけなければならないことなんて “

2016-07-12 6.13.45

” この部屋には何ひとつ見当たりませんもの “

絶対的な信頼!!

そして、もちろんこの男も…

2016-07-12 6.13.57

そう簡単には、折れません。

えりなが”勉強会”で言っていたという“アレ”

どうやらこの絶体絶命の窮地をひっくり返す打開策を見出したようです。

” この部屋で一番美味しい鮭料理を出すのは “

2016-07-12 6.14.09

” 俺たちだ!!! ” 

創真、アリス、黒木場。

ライバル同士が組んだドリームチーム。

一次試験突破に向け、いざ始動!!

創真が思いついた“アレ”とは一体!!?

感想などなど

今回一番印象的だったのは、打開策を見出した創真たちを見守るえりなの表情です。

2016-07-12 6.14.32

完全に信頼しきった表情ですね。

やや悪戯っぽいのがいい感じです。すっかり極星寮の一員って感じがします。

 

さて、それにしても今回一次試験が始まったわけですが、初っ端からなかなかの難関ですね。

6次試験まであるこの進級試験、先が思いやられますね笑

というか、正直今回以上の難関は想像がつかないのですが…。調理する食材が手に入らない以上のことってあるんでしょうか。。

それにしても、課題達成要件が主観的すぎる気がします。。

これって、試験官次第じゃないですか。どんなに美味しい料理を作っても試験官が美味しくないと言い張れば不合格なわけですよね。

正直、ここまでおおっぴらに卑怯な手段を使う試験官なら、創真たちが仮に料理を完成させても不合格って言い張りかねない気がするんですが。

まあ創真たちの部屋の場合は、”神の舌”を持つえりながいるのでそんな不正は効かないでしょうが…。ただ他の部屋はどうなんでしょう。。

みんなちゃんと一次試験をクリアできるのでしょうか。

しかし、今回のこの奸計、試験官の独断じゃなくて薊も関わっているんですよね。なんだか薊も小物っぽく感じてしまう内容ですが、何か思惑があるんでしょうか。

 

ちなみに、吉野の妄想。

えりなの女教師モードに対応してアリスの女教師モード

薙切アリス 女教師

さすが吉野です笑

アリスのこともアリスっちって呼んでるし笑笑

 

>食戟のソーマ 一覧<