ONE PIECE 847 “ルフィとビッグ・マム” レビューです。

2016-11-29-23-23-36





漫画レビュー ワンピース ONEPIECE ビッグ・マム ルフィ PEROSPERO 最新話 ネタバレ ジャンプ

ONEPIECE 最新レビューリンク など

>最新話レビューはこちら<
>ONEPIECEホールケーキアイランド編レビュー一覧はこちら<
>ONEPIECE レビュー一覧はこちら<

チョッパーとキャロット

ブリュレに捕らえられたチョッパーとキャロット。

チョッパーはビッグマムの珍獣コレクションに、キャロットはブリュレのスープにされてしまいそうになっています。

2016-11-29-23-30-03

絶体絶命のようですが、実はこれはチョッパーの望んだ状況だったようです。

鎖で拘束されてはいるものの、あえて「ヘビーポイント」で縛られたことから、変身することで鎖は一瞬で解くことができます。さらに既に「モンスターポイント」が使えるだけの時間も経過しているわけです。

さすがは麦わら一味の頭脳派!!

ビッグマムの珍獣コレクション

ジェルマの王族達に自分の”珍獣コレクション”を自慢するビッグマム。

2016-11-29-23-32-53

“書司”モンドールの能力で、世界中の珍獣を本の中に封印しているのだそうです。

「本」の中では、永遠に歳をとることはないのだとか…。

コレクションの中には“人間”も含まれています。

そのコレクションを見て、ヴィンスモーク・ジャッジは疑問を持ちます。

その疑問とは様々な種族が入り混じるトットランドで“ある種族”だけ目にすることがないということです。

その”ある種族”とは…

2016-11-29-23-34-02

“巨人族”

その言葉を聞いたビッグマムは一瞬険しい表情をします。どうやら”巨人族”に対し、特別な感情(表情から察するに、負の感情のよう)を抱いているようですね。




ビッグ・マムとの対話

” 久しぶりだね”麦わらのルフィ”…!! “

2016-11-29-23-34-51

” とうとうここまで来たかい… “

ジェルマとの会談を終え、電伝虫を使ってルフィに話しかけるビッグマム。

2016-11-29-23-35-08

ルフィ達はモンドールの能力で本の中の檻に閉じ込められています。

もちろん捕らえられたところで殊勝になるルフィではなく、噛みつかんばかりの勢いです。

ルフィvs.ビッグ・マム

あくまで、今回はサンジを連れ戻すためだけにやってきたルフィ達でしたが…

” 戦いが望みなら出てこいよビッグ・マム!!! “

2017-01-23 19.30.08

” 今ここで勝負してやる!!! “

とルフィはビッグ・マムを相手に再びの宣戦布告をします。

とはいえ、絶対的に優位な立場にいるビッグ・マムは所詮は1ルーキーであるルフィの発言を軽くあしらいます。これまでのビッグ・マムの癇癪からすると、考えられないほどの寛容さですね。ジェルマとの婚姻で、よほど機嫌が良いようです。

しかし、その楽しみを壊すようであれば…

” ーそれは本当に… “

2016-11-29-23-35-32

” ただじゃおかねェ!!! “

さらに、ビッグ・マムが上機嫌の理由がもう一つ。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。