NARUTO 700『うずまきナルト』レビューです。


スポンサーリンク









漫画レビュー NARUTO ナルト うちはサスケ うずまきナルト 春野サクラ 忍 忍者 少年ジャンプ 火遁 陰陽遁 火影 五影 我愛羅 オビト マダラ 柱間 卑劣様 扉間 木遁
九尾 九喇嘛 十尾 カグヤ 大筒木 奈良シカマル 共殺の灰骨

NARUTO 最新レビューリンク など

・NARUTO 最新話レビュー
・前話 699『和解の印』レビュー
・『NARUTO』 レビュー一覧
・NARUTO全作品群 レビュー一覧

木の葉に芽吹く新たな”火の意思”

大団円!!最終回オールカラー!!

IMG_0604-1

時は経ち、新たな”火の意志”が芽吹く木の葉…。

アカデミーでは…

IMG_0604

授業が終わった途端に元気な声。

何となく誰かさんに似たテンションの少年ですが…、友達は多いようです。

ちなみに担任は油女シノ。

彼はどんどん人間離れした外見になっていきます。

ボルトと謎の少女

さて、アカデミー内に響き渡るひときわ大きな声。

うずまきボルト

その声の主の名は“ボルト”

ライトニング・ボルトとかけてるんですかね??

父親と違って孤立していないようですね。

そんなボルトを冷ややかな眼で見つめる謎の少女。

うちはサラダ

もう、ただの学級委員ですよね。全然忍っぽくないですが…。そういう時代になってるのですかね。

もちろんこの少女の正体は後々明かされます。

まあ、なんとなくわかりそうなものですが…。

新生『猪鹿蝶』トリオ

ボルトを諌める“シカダイ”

シカダイ

こちらも両親の特徴をしっかり受け継いでますねぇ。。

シカダイ曰く、どうやらこの日は木の葉の里で五影会談があるのだそうです。

ボルトのイタズラの誘いに『猪鹿蝶』の修行があるからと断る“いのじん”

いのじん チョウチョウ

更にその修行すらも断る“チョウチョウ”

それにしてもこの子達、本当に両親の特性引き継ぎすぎでしょう笑


スポンサーリンク




一人きりの(?)下校

さて、結局イタズラの誘いに誰も乗っかってこなかったので、ボルトはひとりで下校します。もしかして、本当はボルトも友達いない??

まあ、日も日ですし、みんなそれぞれに事情があるのでしょうね。少なくともアカデミー内での様子からすると、ちゃんと人気者なのでしょう。

IMG_0606

そんなボルトを尾行する人影が一つ。。

ネジの墓標に捧ぐ花。ヒナタとヒマワリ

ネジの墓前に供えられる向日葵の花。

IMG_0605-4

花を供えたのは、ヒナタの娘ヒマワリ。ボルトの妹です。

IMG_0606-1

ヒナタはすっかり美人なお母さんになってますね。服装も普通ですし、今では忍を引退したのでしょうか。

それにしても、平和です。

ネジの死は本当に衝撃的でした。まさしく平和の礎となったネジ。この平和が彼の守ろうとしたものだったのでしょうね。

なんだか、切ない。。

風影の来訪

一方、帰宅した”シカダイ”。

風影我愛羅

家には我愛羅が訪れていました。彼も五影会談で木の葉に来ている訳ですね。

我愛羅もすっかり大人になっていますね。髪型に少々違和感がありますが笑

彼の付き人は

IMG_0607-2

カンクロウです。

シカダイも二人の叔父になついてるようです。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク