NARUTO 696 『ナルトとサスケ③』レビューです。


スポンサーリンク









漫画レビュー NARUTO ナルト うちはサスケ うずまきナルト 春野サクラ 忍 忍者 少年ジャンプ 火遁 陰陽遁 火影 五影 我愛羅 オビト マダラ 柱間 卑劣様 扉間 木遁
九尾 九喇嘛 十尾 カグヤ 大筒木 奈良シカマル 共殺の灰骨 インドラ アシュラ 六道仙人

NARUTO 最新レビューリンク など

・NARUTO 最新話レビュー
・前話 695『ナルトとサスケ②』レビュー
・『NARUTO』 レビュー一覧
・NARUTO全作品群 レビュー一覧

お前だからこそだ。

全力と全力のぶつかり合い。

IMG_0617-1

その中で対話する心と心。

わかり合っていても、殺し合わなくてはならない。

IMG_0617

” お前だからこそだ “

友だからこそ、最も親しい人間だからこそ、そのつながりを断ち切らなくてはならない。

 

共通の敵。あの地獄へ。。

今、忍び達が協力し合っているのは”暁、マダラ、カグヤ”という五里にとって共通の強大な敵がいたからだというサスケ。

IMG_0618-2

脅威が去ってしまえば自ずとまた忍同士敵対すると…。

確かに、現実としてはサスケの言い分が正しいんですよね、残念ながら。

己が写輪眼をもち、さらに今、輪廻眼を手にした意味をサスケは…

IMG_0618-3

既に永遠の生は容易く、影から忍の世界を管理できるというサスケ。

” 一生…いや永久に独りあの地獄に戻るつもりなのかよ “

IMG_0618-5

” 恨まれながら… “


スポンサーリンク




火影の在り方。。

” ……… “

IMG_0618

” それがオレの言う火影の在り方だ “

ナルトの言葉にもサスケの覚悟は揺らぎません。

ナルト、サスケ、抱くのは共に切なる平和への渇望。。

そして、再び分かれ距離をとる二人。

IMG_0619-1

既に言葉は不要。

それぞれの理想のため、己の信念を貫きます。

影へと踏み入れる第一歩

地爆天星によって封印した尾獣達を引き寄せるサスケ。

IMG_0619

” オレは今… この世で最も強い “

IMG_0620-1

” そして今ここで影に足を踏み入れる第一歩としよう “

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク