NARUTO 694『ナルトとサスケ①』レビューです。


スポンサーリンク









漫画レビュー NARUTO ナルト うちはサスケ うずまきナルト 春野サクラ 忍 忍者 少年ジャンプ 火遁 陰陽遁 火影 五影 我愛羅 オビト マダラ 柱間 卑劣様 扉間 木遁
九尾 九喇嘛 十尾 カグヤ 大筒木 奈良シカマル 共殺の灰骨 インドラ アシュラ 六道仙人

NARUTO 最新レビューリンク など

・NARUTO 最新話レビュー
・前話 693『ここでまた』レビュー
・『NARUTO』 レビュー一覧
・NARUTO全作品群 レビュー一覧

サスケの火影

終末の谷。対峙するナルトとサスケ。

44e1f55f

サスケは語ります。己の考える火影について…。

そして、兄イタチについて…。

里とは平和への枠組み。

そしてイタチはその平和を一人で支えようとしていた…と。

” 苦渋をなめ闇に居て 国と里の犯罪者…… 裏切り者として… 全ての憎しみを一身に受けながら 火の国と木ノ葉の里を影から守る忍…… “

IMG_8563

” 彼こそが 本当の火影だったんだと “

サスケは続けます。

” 皆に認められた者ではなく 全ての憎しみを引き受けていく者こそその名にふさわしい “

…と。

そして、イタチの唯一の失敗は

サスケを殺さずにおき、真実を隠しきれず、憎しみを分散させてしまったことだと。。

…一応自身の非は認めてるんですね笑

しかし、”イタチの真実”を知る前からサスケは暴走していたように思いますがね笑笑

まあ、さておき。。

サスケは自分ならイタチと同じ失敗をすることはないといいます。

その理由は…


スポンサーリンク




全ての闇を己の炎一つで焼き尽くす…

サスケが失敗することのない理由。それは…

” オレは一人だ “

IMG_8564-1

” もう全ての憎しみを一人だけで背負うことができる “

そして、全ての問題を自分一人で対処する…と。

刑罰、処罰もサスケ一人で行なうことで、憎しみをサスケ一人に集中させる…と。

” 闇の中の憎しみはなくならん それならいっそ “

そして、すこし寂しそうな表情をしたサスケ。

” そう…… オレの言う火影とは “

” 五里全ての闇を己の炎一つ焼きつくし “

IMG_8564

” その灰を喰らって生き続ける者だ “

…生き続けるんですね。。

全ての憎しみを背負って最後は死ぬのかと思いましたが…。

まあ、生き続ける方がしんどいですからね。

しかし、そんな事をすると後々に不満がたまって反乱やらなんやらおきそうな…。

まあ、サスケは根本的な解決はできないと考えている訳ですね。

ある意味サスケの言う火影は最も”忍び耐える者”かな。。

正しいかどうかは分かりませんが、サスケもナルトも共に”平和な忍の世”を作りたいという信念のもとに戦っている訳ですね。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク