NARUTO 688『写輪眼の…!!』レビュー 2ページ目です。


スポンサーリンク




漫画レビュー NARUTO ナルト うちはサスケ うずまきナルト 春野サクラ 忍 忍者 少年ジャンプ 火遁 陰陽遁 火影 五影 我愛羅 オビト マダラ 柱間 卑劣様 扉間 木遁
九尾 九喇嘛 十尾 カグヤ 大筒木 奈良シカマル

NARUTO 最新レビューリンク など

・NARUTO 最新話レビュー
・前話 687『お前は必ず』レビュー
・『NARUTO』 レビュー一覧
・NARUTO全作品群 レビュー一覧

ナルトと尾獣達!

ナルトの次の一手は…

尾獣達に声をかけるナルト。

6889-1

ナルトに応える尾獣達!!

68896888

” 仙法 超尾獣螺旋手裏剣!! “

全ての尾獣達の性質と螺旋手裏剣を組み合わせた最強の技!!

68810

全ての攻撃が直撃し、カグヤの身体に異変が起きます。

68811-1

ふくれあがるのは尾獣達のチャクラ!?

十尾の暴走

尾獣達のチャクラの暴走は止まらず…

68811

どんどんと膨張し…

遂に!!

68813-168812

兎!!十尾化!!

暴走する尾獣達のチャクラがカグヤを飲み込んで、額に輪廻眼を備えた巨大な兎の姿に!!

というか、これは十尾化なのか?兎って十尾というより、カグヤの属性(?)に引っ張られてないか??

それとも、十尾が兎だったからカグヤも「兎の女神」と言われていたのでしょうか。。

さて、十尾の体には他の尾獣達の顔も…。

しかしこの十尾化、カグヤの意志ではなく十尾が暴走しているようです。

68813

ナルトの攻撃に尾獣達が呼応して分離しかかっている!?


スポンサーリンク




危機一髪。もう一体のスサノオ!!?

そして、十尾から数多の白い手が伸びる。

68814

この白い手に触れると一瞬で取り込まれてしまうそうで…。

神樹と同じですね。

しかし、さらに厄介なことに非常に速い。。

ナルト、サスケはともかくサクラは…

68815

迫りくる十尾の手にサクラは…

サスケの輪廻眼で助けるように言うナルトですが、

間一髪のところで…スサノオ!?

68816-1

“ !!? ”

が…

 

新たな須佐能乎。その主は…。。

サクラを間一髪で助けた須佐能乎。

その主は…

68816-2

サスケではない!!?

黒ゼツも事態を飲み込めていない様子。。

68816

彼の予想すら上回る事態です。

須佐能乎を呼び出したその人物とは、

“写輪眼のカカシ”!!

68817-1

ナルトとサスケも驚きを隠せません。

” 一緒に見ていてくれ “

68817

” 今度こそ… あいつらを——世界を守る!! “

親友オビトから託された、写輪眼と、想いを胸に!!

再び戦列に復帰した英雄。。

コピー忍者、写輪眼のカカシ!!再見!!

前後巻レビューリンクなど

・NARUTO 687『お前は必ず』レビュー
・NARUTO 689『大好きだ』レビュー

・『NARUTO』 レビュー一覧
・NARUTO全作品群 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。


スポンサーリンク