NARUTO 675『今の夢』レビューです。


スポンサーリンク




漫画レビュー NARUTO ナルト うちはサスケ うずまきナルト 春野サクラ 忍 忍者 少年ジャンプ 火遁 陰陽遁 火影 五影 我愛羅 オビト マダラ 柱間 卑劣様 扉間 木遁
九尾 九喇嘛 十尾 カグヤ 大筒木 奈良シカマル 共殺の灰骨 インドラ アシュラ 六道仙人 疾風伝

NARUTO 最新レビューリンク など

・NARUTO 最新話レビュー
・前話 674『サスケの輪廻眼』レビュー
・『NARUTO』 レビュー一覧
・NARUTO全作品群 レビュー一覧

マダラの強襲

カカシの写輪眼を奪い時空間に出現したマダラの凶手がサクラを襲います。

IMG_9482

即座に神威を発動させるオビト。

間一髪オビトの神威でサクラは時空間から逃れられますが…。

IMG_9484

これって、シビアに考えると、どちらかというとオビト自身を時空間から飛ばして、カカシないしサスケに輪廻眼を潰させた方がマダラの脅威は防げましたよね…。まあ、人道には外れるけど…。

やはり、オビトは優しい心の持ち主ですね。
時空間からでてきたサクラはカカシの左目を見て治療を始めますが…。

どうやらサクラはマダラが襲ってきた事にも気づいていなかったようです。

改めて、そういうレベルの闘いなんですねぇ。サクラだって決して弱い訳ではないのに…。

時空間でのオビトの言葉を反芻するサクラ。

オビトから左目の輪廻眼を潰すように頼まれていたサクラですが…。


スポンサーリンク




輪廻眼の真の脅威

オビトは既に動く事すらできない程に消耗し、少しでも気を抜けば黒ゼツに体を奪われてしまう程に…。

” そのまま輪廻眼がマダラに渡ってしまう・・・ “

IMG_9486

” 両目が揃ってしまえば恐ろしい事になる “

これ以上どう恐ろしくなり得るのかと問うサクラですが。
オビトは自分は輪廻眼をそのあまりに強大すぎるチャクラと瞳力故に両目に移植する事ができなかった…と語ります。

なるほど、別にオビトは輪廻眼と写輪眼、それぞれの能力を活用するために片方ずつにした訳ではなかったというわけですね。。できなかった…と。くわえて本来の持ち主ではありませんしね。

そんなオビトですら、あれ程の事ができた…と。
そしてオビトは続けます。

” 本来の持ち主に輪廻眼の両目が戻れば おそらく誰もたちうちできなくなる・・・ “

” 瞳力とは2つ揃って初めてその力を発揮する・・・ “

…と。

もちろん、オビトは今のナルトとサスケを見ていない訳ですから何とも言えませんが、マダラはまだそれほどまでに桁違いに強くなる可能性があるということですね。

いや、漫画史上かつてない程の勢いでパワーインフレが起こっていくwww

時空間にて…オビトとマダラ

オビトの話を反芻し、マダラが両目を揃える事を確信し悪寒をかんじたサクラですが。

その頃既に時空間では…。

IMG_9487

貫かれたオビト。。

心臓に仕込んであったはずの呪印札がない事に疑問を抱くマダラ。
オビトの心臓にはマダラの傀儡にするための呪印札が仕込まれていたようです。
オビトはカカシに心臓を貫かせる事で取り除いたとのこと。
一か八かではあったようですが…。

オビトと対等に戦っているかと思っていたのに…。カカシがスゴい強くなったかと思ってたのに…。。

” お前達に仕込んでいたこの呪……”

IMG_9488-1

んん??お前…達??

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク