NARUTO 672『夜ガイ…!!』レビューです。



二人の手のひらに刻まれた紋。
太陽と月?

それぞれの紋は”渦巻き”と”団扇”ではなかったのかもしれませんね。
もともとはアシュラとインドラのチャクラを表す物だったのかも…。
あ、いやサスケの方はそうだとしてもナルトの方は違うか…。
アシュラの転生者はべつにアシュラの子孫限らないようですから。
てか、ナルトはアシュラの子孫じゃないし…。
 
” 行くか…… ”

戦場ではガイが最後のチャクラを振り絞り…

ガイの姿を見て過去思い出すカカシ。
はたけサクモ 木の葉の白い牙
サクモwww ガイの父親の反応に白い牙が動揺www

ガイはアカデミー試験に落ちてます。

” 応援ありがとう!!! “
ガイの拳や態度を見てサクモは…

そして、今、遂に
“木の葉の蒼い野獣”

マダラにさえ、並ぶ物がいないといわしめる程の対術。

そして、
最期の技
” 夜ガイ!!! “
 
ガイの命をかけた一撃はマダラにとてつもないダメージを与えたものの…

止めをさすには至らず…。

そして、尽きゆくガイのチャクラと命。
敬意を表して自らのてでとどめを刺そうとするマダラ。
既に身体はほぼ回復しています。
求道玉
ガイに向けて求道玉を放つマダラ。。
が、

ナルト!!
なんと求道玉を蹴り返します!!
六道の力でしょうか…。
ガイの胸に手を当てるナルト。

その手からは…

再びガイにチャクラが宿る。。
どうやら今のナルトには生命を与える力もあるようですね。

” 今なら… 全部を変えられそうだ! “
ナルト復活!!
この眼は九尾モードと仙術モードの融合版ですね!!

NARUTOレビュー一覧