NARUTO 642『突破口』レビューです。

NARUTO 642『突破口』レビュー


飛雷神 互瞬回しの術によって、灼遁をオビトに直撃させたナルトとサスケ。
ガードされる前に直接ぶつけたので、効いているはず…

が、
十尾人柱力オビト
あたってはいますが、ノーダメージ!!
ぶっちゃけ、威力的には今のところほぼ作中最強とも思えるこの技でこの効果。。
絶望的ですね。
敵の攻撃は触れてもいけず、こちらの攻撃はあたっても効果がない。
更には攻撃も防御も速い。

ナルトが夢で想像しているよりも完璧な存在らしいです。
そんな絶望的な状況の中、一際冷静な扉間。

ミナトの異変に気がつきます。
どうやら、本来ならそろそろ穢土転生の術によって、ミナトの右腕再生してもいい頃のようです。
なのにいっこうに回復の兆しが見えない
その理由は…

やはり、”六道仙人の力”は計り知れないのか??
オビトの言葉に、何かを悟った扉間。

オビトの使う術は、陰陽遁”をベースにした術のようです。


陰陽遁
は”全ての忍術”を無にする忍術!!
って、そんな設定あったのか〜!!生命創造じゃなかったのか〜!!
なんたるチートwww
シャーマンキング無無明亦無”ばりのチート技です!!
という訳で、

たとえ穢土転生であっても、術自体が無効化されてしまったため、転生することは出来ないということ。。
……。
…。
…って、あっ!!
ということは三代目もう復活しないじゃん!!
なんて、可哀想なんだ…。誰にも気付かれることなく活躍の機会が終了していたなんて…。
自分に付いてこられるかと問うナルトに…。


“…うちはをなめるなよ”

なんか、まるくなったな〜この子。
昔なら“このウスラトンカチが…”とかいってたのに。。
てか、敵も”うちは”ですwww
そして、尾獣化するナルト!!

が、

……

。。

アレ??
ナルトってサスケの前だといつもこうだよね。。
二代目様www

超絶天然の柱間を兄に持つ扉間にさえ、天然扱いされる親子www
どうも、まだ九喇嘛のチャクラが充分にたまっていないようですね。
そうこうしているうちに、何故か突然ガマ吉が攻撃!!


“水飴鉄砲”

口寄せの時間切れで、最後に一矢報いようとしたようですね。
残念ながら防がれてしまいますが…!?



何かを観察しているナルト。

扉間も何かに気付きます。
一方、オビトを説得しようとするミナト。
 
その間に、ナルトは…。
なにか打開策を見出したのでしょうか??

ミナトの説教に
“アンタはいつも肝心な時に遅すぎる”と語るオビト。


“オレの師が火影でよかったよ”


“おかげで火影を諦められた”

オビトの言葉に自責の念を感じるミナト。。


“火影”
をそしてさらには“父親”をも見下すオビトにナルトは…。

後悔の念に駆られるミナト。


追い討ちをかけるように、語り続けるオビト。

一方、戦場でもっとも冷静で理知的な男…扉間!!


ナルトの顔をみて、瞬時に行動を起こします。
そして、ナルトは
” 火影になれなかったお前が ”


” 火影をバカにすんじゃねェ “

                 
          ”タン”
” 何より…火影になった…… ”



” オレの父ちゃんをバカにすんじゃねェ!!! ”



効果あり!!

そうです。陰陽遁は“全ての忍術”を無効にします。
しかし…、


“仙術攻撃”
はいける!!
二人ともガマ吉の攻撃がかき消されなかったことから推測したようです!!
しかし、この完璧なサポート
分析力というか、なんというか。
やっぱ、扉間スゴいな〜。
ナルトの成長に驚くミナト。

そして、そのミナトに語りかける声の主は…。

遂に“陰”の九尾登場!!

てか、“陰””陽”合わさった完璧な九尾って十尾より強いんじゃ…。
そこまでじゃないとしても、尾獣の中で九尾ダントツすぎるでしょ!!
“陰”の半身のほうが強そうだし…。
いやいや、しかし今週も二代目様大活躍ですね。
いち早く敵の性質を見破った上に、ナルトも見破ったことを理解し、即座にナルトに合わせてサポートをする。素晴らしいですね。扉間の株が急上昇中です!!
さあ、次回九尾の半身の姿が明らかに!?
乞うご期待!!

NARUTOレビュー一覧