NARUTO 638『十尾の人柱力・オビト』レビュー です。


十尾が消えた!?
十尾がオビトのなかに取り込まれ…。

変わりゆく形態。。

覚醒!!

十尾の人柱力!?

異変に気付く、初代と二代目。

ナルトが人柱力だと分った理由は…。

輪廻転生の印とは異なる印

最初からオビトは人柱力になるための印を結んでいたようです。

最終形態の前にオビトに取り込まれた十尾。

しかし、人柱力になっても十尾にかけた妙神門は継続します。

オビトの上に落ちてくる数多の”封頭”

が、

破られる“妙神門”

そして…

伸びる十尾の腕。。

四赤陽陣をも破る力。。

人柱力になったことによって、力のコントロールが可能に!!

より強力になった十尾とオビト。
オビトを制止するミナト。

しかし、オビトは…。

既に自我は崩壊しているのでしょうか…。
結界が破られたことで、身動きがとれるようになり、
かけつけた先代達。。

人柱力となったオビトの力は初代・柱間をも上回る。。

そして、六道仙人と同じになったオビトにマダラは…!?

奥の手とは…。
そして、瞬殺!!

穢土転生で力が出し切れない扉間と、柱間が分身だとはいえ二人の火影を一蹴!!

NARUTOレビュー一覧

<関連レビュー>          
>NARUTO 637『十尾の人柱力』レビュー<
>NARUTO 639『襲』レビュー<