BORUTO 考察 -七代目火影の息子、天才忍者ボルトの力。秘めたるチャクラ!右眼に宿るは転生眼をも超える新たな瞳術!?-

 

漫画レビュー BORUTO うずまきボルト シンキ カワキ うちはサラダ シカダイ いのじん うちはサスケ うずまきナルト 春野サクラ 忍 忍者 少年ジャンプ 火遁 陰陽遁 火影 五影 我愛羅 木遁 九尾 九喇嘛 大筒木モモシキ  奈良シカマル 六道仙人 疾風伝 輪廻眼 写輪眼 白眼 転生眼 万華鏡写輪眼

BORUTO 最新レビューリンク など

・BORUTO 最新話レビュー
・『BORUTO』 最新考察
・『BORUTO』 レビュー一覧
・NARUTO全作品群 レビュー一覧

はじめに

『BORUTO -NARUTO NEXT GENERATIONS-』が週刊少年ジャンプで隔月連載開始しましたね。

現状、第3話まで連載がされていますが、今の所は映画『BORUTO NARUTO THE MOVIE』の内容に準拠した物語が展開されているようです。

唯一の大きな違いは、一話冒頭で描かれた成長したボルトが荒廃した木の葉で「カワキ」と呼ばれる青年と戦っているシーンですね。ちなみに、この際の「ボルトの右眼」の描写が個人的には非常に気になっています。

ここでは、本作の主人公「うずまきボルト」に関して、上記の「右眼」について及び、今の所明かされた実力について、まとめ考察してみました。

* 3:中忍試験開始 時点での考察です。
**2017/2/20 追記しました。

ボルトの出自と師匠。

まずボルトについての基本情報ですが…

父親は、七代目火影うずまきナルト

母親は日向宗家直系日向ヒナタ

スクリーンショット 2017-04-04 3.10.24
『BORUTO』1:うずまきボルト!

さらには祖父に四代目火影波風ミナトを持つ血筋、才能とも恵まれたエリート忍者です。

ただ、現状は火影の執務に忙しく自分のことを見てくれない父に反発して、忍として不真面目なようです。

ちなみに、ボルトの師匠はナルトのライバルであり、もう一人の六道のチャクラの持ち主「うちはサスケ」です。

第1話最後で弟子入りを志願し、螺旋丸を身につけたことで2話では正式に師弟となっています。

おそらく1話冒頭でボルトがつけた抜け忍の額当てもおそらくはサスケのものだと思われます。

また、後述しますが、輪廻眼・写輪眼の使い手であるサスケが師であることも、「ボルトの右眼」の謎と関係していると考えています。

 

ボルトの血筋とチャクラ。

さて、ナルトとヒナタを両親に持つボルトですが…

血筋としては、大筒木アシュラ(六道仙人の次男)の傍系であるうずまき一族(千手一族の遠縁)の血と、大筒木ハムラ(六道仙人の弟)の末裔である日向一族の血を引いています。

映画『THE LAST』は未視聴なんですが、日向がハムラの末裔ということでいいのですよね…。

随分昔ですが、こんな考察もしてますので、よろしければ…

NARUTO 考察 〜日向の始祖。三大瞳術とカグヤと二人の子供〜

加えて、父ナルトはアシュラの転生者で、六道(ハゴロモ)の力までも手に入れた存在です。

まあ、ナルトの得た六道の力がボルトに引き継がれているかどうかは不明ですが…

少なくともボルトは、「アシュラのチャクラ」「ハムラのチャクラ」を継いでいるわけです。

さて、そうなるとボルトはハゴロモとハムラのチャクラを半分ずつ、さらに言うなら「ハゴロモの陽のチャクラ(肉体)」「ハムラの隠のチャクラ(瞳力)」を継いでいるわけですね。面白い組み合わせです。

さらに、もしナルトの「六道(ハゴロモ)のチャクラ」も継いでいるのだとすれば…

そして、ヒナタも「ハムラのチャクラ」を特に強く継いでいるということ…ですよね(*ネット情報)。

であれば、半分ずつどころではなく「ハゴロモのチャクラ」「ハムラのチャクラ」が合わさって、「カグヤのチャクラ」に近いチャクラを持っているとも考えられるかもしれません。

チャクラの性質

ボルトのチャクラの性質ですが、本人曰く得意なのは「風遁」「雷遁」

ちょうど、父ナルト(風)と師サスケ(雷)の得意性質を得意としているようですね。

さらに、12歳(おそらく)の時点で、3つ目の性質「水遁」まで習得しつつあるようです。

スクリーンショット 2017-04-04 3.11.53
『BORUTO』1:うずまきボルト!

ちなみに、チャクラの性質は上忍クラスの忍のほとんどは2つ以上の性質を使えると言われていますが、逆に言えば2つ以上の性質を使えるのはそのレベルの忍だということです。

もちろん、ボルトはまだまだ未熟で上忍クラスには程遠いレベルですが、才能は図抜けているようです。

もしかすると、ボルトはナルトの中の尾獣たちのチャクラも継いでいて、尾獣たちの血継限界も使えたりするのかなぁ。…さすがにそれはチートすぎますかね。

ただ、少なくとも九喇嘛のチャクラとナルトのチャクラは混ざりあっているはずですから、ボルトとヒマワリにも受け継がれている可能性はあります。

ボルトの戦闘スタイル

ボルトの戦闘スタイルは、刀を使うもののようです。

スクリーンショット 2017-04-04 3.09.10
『BORUTO』1:うずまきボルト!

さらに右腕に呪印右眼に瞳力を秘めているようです。

このあたりの詳細は後述します。

ともかく、前項にで書いたようにボルトの得意とする性質は「雷」と「風」です。

「雷」に刀に呪印に瞳力となると、おそらく師であるサスケに似た戦闘スタイルであることが予想されます。

映画では、予告詐欺(?)になりましたが、将来的に千鳥を習得する可能性もありそうです。

さらに、父親譲りの「風」の性質と、後述しますが「多重影分身の術」や「螺旋丸」を使えること、そして仮にボルトの右眼が転生眼(詳しくは後述)であれば、「チャクラモード」がある(らしい…)ので、ナルトの戦闘スタイルも取り込んでいるかもしれませんね。

 

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。