黒子のバスケ 第260Q 「忠告だ」レビューです。

WC初日終了後 夜
洛山高校調整用体育館
黒子のバスケ 第260Q 「忠告だ」レビュー



赤司清十郎 圧倒的
ひとりたたずむ赤司。
実渕、根部谷、葉山の三人を相手に3対1を申し込む赤司。
赤司vs無冠の五将
さすがに赤司の申し出に息巻く3人でしたが…。
赤司 実渕 葉山 根武谷
圧倒!!

息一つ乱していない赤司。
自らゾーンに入る事に成功したようですね。
それにしても”無冠の五将”を3人相手にして、これは…。
格が違いすぎる。。
そして、3人に対して赤司は…
“そしてもう一つ”

“・・・これは忠告だ”
そして、再び場面はWC決勝に・・・。

3連続得点で勢いに乗る誠凛。

赤司は・・・。
誠凛は勢いを緩めず、ステルス・オール・マンツーマン・ディフェンス!!S・A・M・D!!
ステルス・オール・マンツーマン・ディフェンス S・A・M・D
ゾーンに入った火神を擁する今の誠凛のS・A・M・Dには黒子に捕まらないパスゾーンはほぼない!!

そして、黒子がパスカット!!

木吉へ!!

ゴール下で根武谷との激しい攻防。
力で勝つ事はできないものの・・・そこからターン!!
木吉 鉄心
根津谷を躱して、木吉がさらに追加点!!
誠凛の4連続得点!!78対88!!

ついに10点差まで追い上げた誠凛。
一方、自分以外の4人で攻めるように指示した赤司。

その冷たい瞳は・・・。
“征ちゃんのあの眼はあの時と同じ・・・”

あのとき…。体育館での3対1の後のことでしょうね。
そして、4人だけで攻めるように指示し

自身は自陣から動かない赤司。
“つまり僕が己のみで戦うと決めた時”
赤司 忠告
“お前達に失望し 見誤った時だ”

ゾーン状態の火神から容易にボールを奪う赤司。
“身分の違いを教えてやろう”
赤司清十郎 ゾーン
“この場にいる者すべてに”
遂に!!ゾーン突入!!
天帝が牙を剥く!!
>黒子のバスケ レビュー一覧<

<関連レビュー>          
>第259Q『絶対止めてやる』レビュー<
>第261Q『十分だろ』レビュー<