『鬼滅の刃』第79話「風穴」レビューです。

スポンサーリンク



鬼滅の刃 最新レビューリンクなど

・『鬼滅の刃』 最新レビュー
・前話 第78話 「ぐねぐね」レビュー
・『鬼滅の刃』レビュー一覧

『鬼滅の刃』第79話 「風穴」

第79話「風穴」です。

今回の扉絵は二人の女性の後ろ姿。

右はすでに登場済みのまきを。宇髄天元の3人の嫁の一人です。

左の女性は、あとですぐわかりますが…。まあ後のお楽しみにしておきましょうか。

伊之助と蚯蚓帯!!

潜り込んだ先の地下(堕姫の食料庫)で帯に閉じ込められた人々を発見した伊之助でしたが、そこで敵に遭遇します。

なんと(伊之助曰く蚯蚓帯)自体が自我を持った鬼(?)であることが判明したのです!

蚯蚓帯を相手取る伊之助は、帯を斬り裂きうまいこと捕らわれた人間たちを解放していきます。

一方で蚯蚓帯は帯の特性を最大限に生かし、伊之助を全方位から攻撃しますが、伊之助の圧倒的感知力の前に一撃すら入れることができません。

伊之助の”食料庫”への想定外の乱入にどう対処するかを迷っていると、蚯蚓帯に堕姫から指令が届きます(テレパシーみたいな??)。

その指令は

“伊之助は美しいから生け捕りにすること”

そしてそのために

” 食料庫の人間は極めて美しい10名以外は殺しても構わない “

” 何人かを食って自身を強化する “

というもの。

堕姫からわざわざ指令が来るということは、やはり蚯蚓帯の人格は堕姫とは独立しているのですね。ただ、同時に自分は“本体ではない”とも言っていますし、そうするとやっぱり本体は堕姫なのかなぁ??

この辺り、未だに謎が…。

さて、指令を受けたのち、一転して帯としての柔軟性を利用して、伊之助の斬撃をしのぎます。

そして、伊之助が解放した人々へも攻撃の矛先を向け…。

伊之助は誰かを守りながら戦うという慣れない状況を強いられ、戸惑います。

以前の伊之助なら、捕えられている人々のことなど気にかけずに戦ったのでしょうが、彼もしっかりと成長しているようです。

スポンサーリンク



宇髄天元の妻たち。まきをと須磨。

守る戦いを強いられ苦戦する伊之助ですが、解放された天元の妻、まきをと須磨が参戦します!

さすがに二人ともなかなかの手練れ。

まきをも、自称“味噌っかす”の須磨も、ぐちぐちと文句は言いながらも確実に蚯蚓帯の攻撃をさばきます。

しかし、蚯蚓帯が本体でない以上、戦いに終わりはありません。その疑念が伊之助の脳裏をよぎった瞬間…

この男も!!

雷鳴閃めく!!

眠り善逸再見!!その速さは蚯蚓帯が、驚愕するほどです。

” お前ずっと寝てた方がいいんじゃねぇか… “

このちょいちょい笑いを挟むところがいいですよね笑

ちなみに善逸の刀を運んだのも天元の忍獣”ムキムキねずみ”です。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。

スポンサーリンク