鬼滅の刃 第74話「堕姫」 レビュー 2ページ目です。

スポンサーリンク



鬼滅の刃 最新レビューリンクなど

・『鬼滅の刃』 最新レビュー
・前話 第73話 「追跡」レビュー
・『鬼滅の刃』レビュー一覧

誰よりも美しく強い。「特別な鬼」。。

さて、自身の正体に気づき始めた女将を始末した直後、京極屋に戻った堕姫を待っていたのは…

上弦の陸

鬼舞辻無惨!!

鬼舞辻無惨の発言や堕姫の反応から、このような形で頻繁に会っているわけではないことが推測されますが…。

そうだとすると、炭治郎たちの潜入の直前に鬼舞辻無惨が堕姫の元に現れたのは何か目論見のあってのことなのでしょうか。それとも単なる偶然か…。

どちらにしても、状況は炭治郎たちにとってあまり良い方には転ばないようですね。

それにしても、見た目も情緒も鬼舞辻無惨の変わりようは相変わらずですね。こうも揺れが激しいのは”鬼”だからなのでしょうか。

猗窩座に対しては、第67話「さがしもの」“柱を殺したくらいで…”と怒りを向けていたのに、堕姫に対しては“随分と力を増した”と褒めるだけにとどまらず、油断しないようにと忠告してあげたり、“期待している”とまで言っています。

何よりは“柱を倒した”ことを誉めているんですよね。一体どういうこと〜??

これは部下をうまく使う上司のソレなのか、それとも…。

個人的には最近、鬼舞辻無惨って実は複数存在してるのではないかと思ったりするんですよね。

父として家庭を持った壮年の男性、猗窩座と対面した分限者の養子の少年、”下弦の鬼”たちを一掃した少女。

全てが鬼舞辻無惨だとされていますが、実は全てが鬼舞辻無惨であって鬼舞辻無惨ではないのではないかと…。

” これからもっともっと 強くなる 残酷になる “

” 特別な鬼だ “

堕姫を「特別な鬼」と呼ぶ鬼舞辻無惨。果たしてその言葉の真意は…。

実際、彼女はまだ“上弦の陸”つまり6番手ですから。鬼舞辻無惨の言葉は何かしら含みのあるように感じられます。

ただ、確かに空を飛べるというのは”特別”な感じがしますね。。しかも、すでに堕姫は“柱”を7人倒しているのだとか。。

やはり、”上弦の鬼”は、普通の鬼とは次元を異にしているようですね。

炎柱の煉獄杏寿郎をして、”上弦の鬼”を仕留めることはできませんでしたからね。。

スポンサーリンク



正体露見!!潜入作戦失敗!!?

さて、時間は戻って、前話73話「追跡」の終わり。

蕨姫花魁こと、堕姫に折檻される禿を助けに入った善逸でしたが…。

堕姫の怒りを買い、叩き飛ばされます。

一撃で、失神してしまう善逸。しかし、叩かれた瞬間、無意識か咄嗟に受け身を取ります。

逆に、そのことが仇となって堕姫には一般人ではない、鬼殺隊の人間だということがバレてしまいますが、この時は堕姫もそれ以上のことはせず、一度矛を収めます。

…正直、女将さんが茶屋のおばあさんに聞いた話を引き合いに出して”堕姫が人間じゃない”って言ってましたけど、そんなことしなくても、こんな人一人を襖もろとも隣部屋まで吹き飛ばせる時点でもはや普通の人間じゃないでしょ笑

さて、一旦身を引いた堕姫でしたが、それも算段あってのこと。

殴り飛ばした際の善逸の反応から、早々に善逸が鬼殺隊の隊員であり、かつ柱ほどの実力者ではないことを看破。

” 少し時間がかかったけど うまく釣れてきたわね “

” どんどんいらっしゃい皆殺して喰ってあげる “

その上で、まだ泳がせておいて、次々に鬼殺隊を殺していくという策でしょうか。

鼻の効く炭治郎は、一人月を見上げ…

” この街は濁った匂いがする… “

考察などなど。遊郭に潜む鬼は複数いる??

さて、ついに遊郭に潜む鬼の正体が明らかになりました。まさか猗窩座に続いて早くも“上弦の鬼”の二人目がお目見えとは…。

それにしても、早々に鬼殺隊であることが露見してしまった善逸はピンチですね。

というか、それどころか看病される際に、男であることまで露見してしまうのでは??

そして、果たして遊郭に潜む鬼は堕姫一人なのか…。個人的には、”荻本屋”の”唇の鬼”は堕姫とは異なる鬼のような気がしますが、堕姫の”血鬼術”と言われればそうかもしれない。

ただ、堕姫の血鬼術なのだとすれば、伊之助との接触にもう少し反応があって然るべきかな。。

それに微妙にですが、着物の模様が違うんですよね。。

上↑の堕姫のセリフや反応からは、どうも善逸のことを“初めて釣れた”と認識している節があります。

ただ、少なくとも”釣れた”と言っている以上、(この場合はおそらく宇髄天元の三人の妻を拘束すること)を撒いたのは堕姫本人でしょう。

と、すると”荻本屋”の”唇の鬼”は堕姫の配下か仲間で、まだ伊之助との接触は報告されていないという感じかな。

もしそうだとすると、堕姫の他に多ければ3体以上の強力な鬼(優秀なくノ一である宇髄の妻を圧倒するレベル)が遊郭に潜んでいる可能性があります。

そうなると、かなり厳しい戦いになりそうですね。。

でも、やっぱり堕姫一体なのかな??

『鬼滅の刃』前後話レビューリンクなど

・第73話 「追跡」レビュー
・第75話 「それぞれの思い」レビュー
・『鬼滅の刃』レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。
スポンサーリンク