『鬼滅の刃』第74話 「堕姫」 レビューです。

スポンサーリンク



鬼滅の刃 最新レビューリンクなど

・『鬼滅の刃』 最新レビュー
・前話 第73話 「追跡」レビュー
・『鬼滅の刃』レビュー一覧

花街に潜む上弦の鬼。

さすがに“遊郭潜入編”!!

扉絵もなかなかに色っぽいですね。

さて、遊郭に潜入した炭治郎、善逸、伊之助の3人が、それぞれに鬼へとつながる糸口を掴み、盛り上がりを見せる”遊郭潜入編”。

今回はついに、この夜の街に潜む鬼の正体が明かされます。

遡ること2日。蕨姫花魁と女将の対話。

炭治郎たちの潜入より二日前の京極屋。

善逸が買われた(タダ同然の金額で笑)店ですね。そして、善逸の”耳”が鬼だと判断した「蕨姫花魁」

その蕨姫花魁と向かい合って、女将が彼女の度を越した所業を諌めます。

どうやら蕨姫花魁の”いじめ”によって、京極屋には怪我人、足抜け、自殺者が後を絶たないのだとか。

確かに、善逸が止めた禿への仕打ちもなかなかに行き過ぎてました。

女将さんに諌められるも、蕨姫花魁はあくまで自分の非を受け入れはしません。

” 私の味方をしてくれないの 私の癪に障るような子たちが悪いとは思わないの? “

なんとなく子供のような自己中心的な物言い。やはり鬼なのですね。

女将さんは、蕨姫にこれ以上は庇いきれないと言いますが…

” 誰の稼ぎでこの店がこれだけ大きくなったと思ってんだ婆 “

スポンサーリンク



悠久の時を生きる花魁。首を傾げ下から睨めつける独特の癖。

蕨姫花魁に恐れを隠せない女将さんは“ある花魁の話”をします。

それは女将さん自身が、まだ子供の頃茶屋のお婆さんに聞いた話。

その花魁はもの凄い別嬪だったけどもの凄い性悪。お婆さんは子供の時と中年の時にそういう花魁を見たのだと言います。

その花魁たちに共通していたのは“姫”と付く名を好んで使っていたことと…

気に食わないことがあると、

首を傾けて、下から睨めつけるという独特の癖があったこと。

そのことから女将さんは蕨姫花魁が”人ではない何か”であると推察し、本人に問いただしに来たのでした。ただ、包丁を持ってきていたことからも、そもそも殺そうと思って来たのかもしれませんね。

しかし、正体を現した蕨姫花魁の前に包丁など無意味です。

” お前は私が思っていたより “

” ずっとずうっと頭が悪かったようだねぇ “

彼女はなんと飛行能力を持っているようです。そして、女将は上空から落とされ…。

事故に見せかけ、口封じをされます。え?いや事故って無茶な…。

ともかく、蕨姫は己の意に沿わぬものは殺すことも厭わないようです。

花街に潜んでいることから、ひっそりとばれないように人間社会にとけ込もうとしているのかと思いきや、なかなかに大胆ですね。しかも、気に入らない人物への虐めなども、女将さんが見咎めるほど露骨なもののようですし…。

それでも数十年、あるいはそれ以上もの長きに渡って、この吉原に根を張っているわけですから、相当に周到かつ頭の切れる鬼のようですね。

蕨姫花魁の正体!「上弦の陸」”堕姫”!!

それもそのはずです。

蕨姫花魁の正体は、「真なる最強」鬼舞辻無惨が直属の六鬼が一。

「上弦の陸」”堕鬼”!!

音柱・宇髄天元の予想通り、やはり「上弦の鬼」が出てきました。

それにしても、”京極屋”に居座る堕姫と”荻本屋”で伊之助が察知した(“まきを”を拷問(?)していた)”唇のみ”の鬼とは、やり口といい雰囲気といいどうも別物のようですが…。

と、なると、堕姫以外にも強力な鬼が潜んでいる可能性が出てきますね。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。

スポンサーリンク