『つぐもも』特別編「武闘会前の斑井さん&武闘会前の響華さん」レビューーです。

スポンサーリンク





漫画レビュー パンチラ エロい おっぱい パンツ エロ ネタバレ 画バレ 浜田よしかづ

つぐもも 最新レビューリンク など

・つぐもも 最新話レビュー
・つぐもも 最新特別編レビュー
・前話 特別編「加賀見家の日常」 レビュー

・『つぐもも』 レビュー一覧

2号連続特別編!!

さて、前回に続いて今号も特別編です。今回は2本立てで九殿武闘会前の斑井さんの様子と、かずや&響華さんの様子が描かれました。

武闘会前、斑井さんは再び香炉の付喪神”白艶香”の使い手であるかがしに協力させて織小花さんへのセクハラ尋問を敢行します。

相変わらず、欲望に忠実すぎる斑井頭首。ここまでくるともはや潔い!!

 

「吐露香」と織小花さんの尋問

さて、浴室での時と同じように香をかがせて眠らせ、さらに「吐露香」を使います。簡単に言えば自白剤みたいなやつですね。

便利な能力ですねぇ〜。

それにしても、執務机で眠らせたのにもかかわらず、わざわざ布団に寝かせ直して尋問するって…。

もう、斑井さんの魂胆が透けて見えすぎています笑

早々に添い寝して胸をはだけさせ…

織小花央姫 おっぱい

1.2問目は、形式的に九殿武闘会関連の質問を尋ねるものの、3問目にして早くも本題へ…。

前回の愛撫が良かったかどうかを尋ねちゃったりしてます笑

てか、薬かがせて猥褻行為って、ほぼほぼ犯罪じゃん!!

本当しょうがないエロジジイですね笑

それにしても、斑井さんがあんまりにも悪びれず普通にやってる&コミカルがすぎるので途中まで異常事態であることに気付かなかったわ笑笑

ただ、寝ている状態でも織小花さんはさすがで、全然斑井の思うようには事は進みません。

斑井さんの愛撫を”初めての相手に全く及ばない”と一蹴する織小花さん。その言葉に火がついた斑井頭首は息切れするほどに織小花さんの秘部をこねくり回しますが、織小花さんは”まるで足りない”と一言。。

寝ている状態でも、まるで相手にされてません笑

スポンサーリンク



不屈!!斑井頭首はへこたれない!!

斑井さんの欲求はただ一つです。織小花さんに自分のテクニックを”気持ちいい”と認めさせること。

己の持ちうる性技の全てを駆使して織小花さんの肉体を満足させようと奮闘する斑井頭首。

そして1時間、ひたすらに彼女の体をこねくり回します。

織小花央姫 タテスジ エロ

というか、1時間て香の効果時間、地味に長いな笑

それにしても、織小花さん、今回出血大サービスでしたね。

怒涛のご開帳でタテスジ描写だけで3コマありました笑

終始とろっとろにとろけ切ってましたねぇ笑

しかし、斑井頭首の必死の努力に反して結果は振るわず、織小花さんの感想は…

” むしろ悪くなった “

さすがは百戦錬磨(?)の女傑です。かずやの若き猛りを一瞬で鎮めるだけの性技を持っているだけのことはあります笑

その後、斑井頭首はこの後その手の研究に勤しんだらしいです。他にやることあるだろ笑

それにしても、お互い80歳越えとは思えない若さ(?)ですね笑笑

 

かずやと響華の裸同衾!!

さて、一方武闘会前の響華さんとかずやくん。

こちらは二人の霊的な結びつきを高めるために裸で一緒に寝る問う指令を出されます。

もちろん指令を出したのは織小花さん。

“確実な勝利のために”という織小花さんの言葉に、しぶしぶながら従う二人。まあ、それで納得する二人も二人ですけどね。

目標は、かつての桐葉×かずやのクウォリティをも超えるレベルに達すること。

かずや 響華 エロ

結局、無事に目的のクウォリティに到達したそうです笑

というか、響華さん実はめちゃめちゃエロい子ですけど、一線越えずに済んだんですかね笑

いやはや、今回はすごかったですね、ほんと。

興味ある方は月刊アクション4月号をご確認ください。

 

ちなみに、最新19巻と公式ガイドブック18.5巻が3月11日に発売されました。

前後話レビューリンクなど

・特別編「加賀見家の日常」 レビュー
・第97話「兄弟の鎖」 レビュー
・第98話「第六試合解説」 レビュー

・『つぐもも』 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。

 

スポンサーリンク