『つぐもも』第98話「第六試合解説」レビューです。

スポンサーリンク



漫画レビュー パンチラ エロい おっぱい パンツ エロ ネタバレ 画バレ 浜田よしかづ

つぐもも 最新レビューリンク など

・つぐもも 最新話レビュー
・つぐもも 最新特別編レビュー
・前話 第97話「兄弟の鎖」 レビュー
・前話 特別編「武闘会前の斑井さん&武闘会前の響香さん」 レビュー

・『つぐもも』 レビュー一覧

大螺旋 鉄鎖。

さて、特別編数話を挟んで、九殿武闘会編再開です!!

第六試合、兄妹対決を制したのは大方の予想に反して妹たかのでした!!おそらくかずや達、親付喪神派のメンバー以外は、誰一人としてたかのの勝利を予想だにしなかったでしょう。

“大螺旋 鉄鎖”

今回、たかのが放った最後の大技について、解説がなされました。

解説によると、たくみの“鉄鎖牢 全天衝”は対象を鎖で作った牢に閉じ込め、瞬時に全方位から攻撃を行う大技です。

たくみが”鉄鎖牢 全天衝”を発動させた瞬間、たかのは自分の周りに鉄鎖を展開し、鉄鎖牢全体から放たれた鉄鎖を勢いを殺さずにからめとり、螺旋状にひきしぼってそれを術者であるたくみへと向けたのだと。つまり、たくみの力をそのまま利用して攻撃に転じさせ、打ち破ったということですね。

この一撃のために、かずや達の協力で特訓を重ねたそうです。

兄たくみを打ち破ったたかのに会場中から惜しみない拍手が送られました。みんなに認めてもらえたようで、よかったですね。

田鎖たくみ

一方、勝負に敗れたたくみは…

田鎖たくみ

” 見事だった “

と一言。潔い!!

たくみって基本いい兄貴ですよね。傀儡帯も使う様子もありませんでしたし…。まあ、格下の妹相手と、侮っていたからかもしれませんが…。

ただ、一言の言い訳もすることもなく舞台から降りて行った姿には好感が湧きました。後ろ姿は少し寂しそうでしたけどね…。

母を亡くし妹を守るために自分が強くあらねばならない、と一人で背負い込みすぎてしまったのでしょう。


浜田よしかづ『つぐもも』第97話「兄弟の鎖」

どうやら田鎖家はすそはらいの名家でもあるようなので、立場も難しいでしょうが、今後の彼の変化も楽しみです。

まあ、隷付喪神派とはいえ、母の形見である付喪神”銀継・しぐれ”を使用していることから、それを大切にしていることには違いがないのでしょうし(あくまで道具として…でしょうが)、親付喪神派になる可能性も大いにありそう。。

たくみのたかのへの発言から、田鎖家は隷付喪神派であると勘げられますが、お母さんは親付喪神派だったんじゃないかなぁ。そもそも多分たくみとたかのの母親って織小花さんの部下だった田鎖さんでしょ。


第74話「奏歌と桐葉③」

で、そんな母をたくみもたかのも慕っていたけど、母があまそぎに殺されてしまったことで、感情を殺して付喪神を道具として使役するようになったんじゃないか…と。

個人的には、親付喪神派のあり方を認めながらもかずや達とは馴れ合わず、己のあり方に葛藤しつつもあくまで孤高のライバルキャラポジションに収まるというパターンが熱いかな笑

 

スポンサーリンク



 

斑井の傀儡帯。あるみとみまね。。

さて、もう一つ、行方不明となっていた付喪神の安次峰あるみと美鷹みまねの所在が明かされました。

二人とも傀儡帯で拘束され斑井に所持されていたんですね。彼女たちの能力は他と一線を画すものですので、一応の安全は保障されているみたいです。

つぐもも 安次峰あるみ 美鷹みまね 秘部丸出し

それにしても、この衣装…。

ふぅ。。

まったく、斑井さん…。本当にしょうがない人だ。。

だるまさんの大楽に傀儡帯で使役されていたが”蓄音機のぐらもん”は普通の格好だったので、あるみとみまねの格好は斑井さんの意向が反映されたものだと考えられます。

脇は切りっぱなしだし、丈は短すぎるし。。せめて下着くらいねぇ。もう、いろいろ丸見えじゃないですか。

斑井があるみに掴みかかると…

ほら、もう丸出しじゃないですか。。

二人の服装のについては基本ノータッチで話が進んでいくので、これが普通なのかなとも思わされましたが(そんなわけあるか笑)、はだけさせられて、あるみさんは心底嫌そうな表情をしてましたので、やはりこれは斑井さんの個人的な趣味が反映されているわけですね笑

これでよく、頭首が務まるもんだ笑

てか、あるみもみまねもうっすら秘部が描写されてますよね。。さすがは浜田先生笑

あるみの”先覗占”とみまねの”影見通視”

さて、戦力的には圧倒的に劣っていたにもかかわらず絶対の余裕を持っていた斑井。

余裕の元は隷付喪神派の奥の手”傀儡帯”の使用、かと思っていましたが…。真に斑井の余裕の元となっていたのは、あるみの”先覗占”だったようです。

水晶玉の付喪神であるあるみはある程度未来を見通すことができます。それによってなされた、隷付喪神派が全勝する予言が斑井の余裕の拠り所となっていたようですね。

しかし、結果は予言とは全く異なり、大接戦です。

まあ、少し考えればわかることですが、未来を完全に見通すことなんて不可能で、あるみの”先覗占”も絶対ではありません。そもそも”占”って言ってるし…。

みまね曰く、見通せる未来は15日くらいがギリギリだそうです。しかも、一度占ったら、その対象の日まで再度使うことはできない能力だそうです。

斑井はろくに説明を聞くこともなく彼女たちの能力を使ったわけですね。斑井さんの無能っぷりがどんどん露呈していきますね笑

それにしても、傀儡帯で強制使役されている割に二人とも(特にみまね)余裕ありますね笑

結局、みまねの能力”影見通視”(みまねの”血鏡”と他の鏡とを繋げる技)で親付喪神派の控え室を覗きます…。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。

 

スポンサーリンク