つぐもも 第101話「反省会」 レビュー 2ページ目です。

スポンサーリンク




つぐもも 最新レビューリンク など

・つぐもも 最新話レビュー
・つぐもも 最新特別編レビュー
・前話 100話「織小花央妃2」 レビュー

・『つぐもも』 レビュー一覧

「狐面」の正体…。皇すなお参戦!!

情報漏洩の事実に確信を持った央菜は、皆に全てが筒抜けであることに覚悟をして戦いに望むよう忠告し、同時にもはや隠し事をする必要もないと”狐面”に面を外すよう言います。

面を外した”狐面”の正体は…

なんと、皇すなお!!

…まあ、読者はみんなわかってましたけどね。

かずやも驚いていましたが、すぐにむしろ“あそこの形”に見覚えあったことに納得します笑

“濃密な接触”で霊力付与!!?すなおと央菜とマットプレイ!!

さて、今回のエロは央姫さんのお仕置きだけには留まりません。

なんと、央菜が付喪神の霊力を増大させるかずやの“濃密な接触”がすそはらいであるすなおにも効果があるのではないかと言い出します。

そして、“濃密な接触”用のマットを、それはもう段取りよく用意する央菜。

かずやとすなおも、わずかでも勝つ確率を上げるべきという央菜の言葉に、強く反対することができず。。

そのまま、”濃密な接触”を行うことに..。

まあ、すなおとしてはまんざらでもない感じですが…笑

それにしても央菜さん…。“くりくり”っていじっちゃダメでしょ笑笑

ぎこちなくも”濃密な接触”を始める二人でしたが、触り方がスケべだとかずやがすなおに蹴られたり、ハプニングでかずやがすなおのあそこにキスしてしまったり…。

ピリピリするすなおとオドオドするかずや。行為は全く先に進まず、まどろっこしい二人に業を煮やした央菜が介入します。

皇すなお 濃密な接触

一転して“激しく濃密な接触”を繰り広げる3人。みる間に絶頂を迎え…“くてぇ…”

矢面を間逃れて央姫さんは既に余裕ですね。

スポンサーリンク



すなおは無駄エロ枠笑。織小花央菜はかずやがお気に入り!!?

結果、かずやの”濃密な接触”はすなおには全く効果を発揮せず…

“無駄エロ!!”

さすが、すなお笑笑

一方で、二人の”濃密な接触”に介入した央菜には十分な効果があったようで…。

やはり央菜は”付喪神”的存在なんですね。

なぜ、下半身が“きゅん…”としているのかは不明ですが笑

” 今度 個人的にお願いします “

密接具合。すっかりかずやのことがお気に入りのようです。。

それにしても、桐葉とくくりの死後ロリ分がなかったためか、久々のロリ要員である央菜。

浜田先生もイキイキと書いてらっしゃるようで、これでもか、これでもかと怒涛の裸押しです笑

設定上は央菜も80歳越えな訳ですが、ここまで書いて大丈夫かと思うほどですね笑笑

 

九殿武闘会第八試合開始!!

そしてついに九殿武闘会第八試合が始まります。

親付喪神派としては、必ず勝たなくてはならないこの試合。

すなおの相手は九殿冠第二位”煤炭卓”

会場のざわめきからも、少なくとも他の嵩上げされた九殿冠とは違い、きちんと実力を伴った相当な実力者であることは確かなようです。

ちなみに、すなおはかつてつづら殿にいたことがあり、当時は三印の隷付喪神派だったそうです。

それにしても”虎鉄”を取り出すすなおの表情の優しさ、今では完全に親付喪神派です!

かつてのすなおを“いのししみたいなガキ”と形容する煤炭。その頃のすなおのギラついた目に期待をしていたと話しますが、親付喪神派に鞍替えしたすなおに…

” あの頃より 弱くなったんじゃないのか? “

その問いに…

皇すなお 虎鉄

“虎鉄”と心を通わせたすなお。その実力は九殿冠第二位に届くのか!!?

次号、ついに九殿武闘会第八試合”皇すなおvs.煤炭卓”開幕!!

前後話レビューリンクなど

・第100話「織小花央妃 2」 レビュー
・第102話「」 レビュー

・『つぐもも』 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。
スポンサーリンク