『つぐもも』第101話「反省会」レビューです。

スポンサーリンク




つぐもも 最新レビューリンク など

・つぐもも 最新話レビュー
・つぐもも 最新特別編レビュー
・前話 100話「織小花央妃 2」 レビュー

・『つぐもも』 レビュー一覧

第101話「反省会」

つぐもも第101話「反省会」です。

先月はつぐももが休載で少し時間が空いたので、一応軽く前話の内容をさらっておきますと…

九殿武闘会、第七試合。元つづら殿頭首織小花央姫とそのかつての教え子四百伊織しおりの戦いです。央姫の半身である央菜が表に出て、傀儡帯の使用や属性不利すらもものともしない圧倒的実力で四百伊織を追い詰めます。

しかし、央姫に促され四百伊織が”まいった”と負けを認めた瞬間、予想だにしない出来事が!!

と言うわけで、今回のお話になるわけですが…。

今回は何よりエロが多い!!一話通して肌色だらけの神回です笑笑

央姫敗北!!全裸”反省会”開始!!

四百伊織しおりの” まいった “の言葉とともに斑井の奸計が発動し、完全に勝ちを確信した瞬間にまさかの敗北。

ほとんど確実に取れたであろう一勝を”悪い癖”のせいで逃してしまった央姫は、半身である央菜にお説教をされます。

ただ、なぜか…

織小花央姫 全裸土下座

全裸土下座!!?

「反省会」の場所はお風呂で、参加者は皆裸です笑

それにしても、さすがと言うべきか、斑井が四百伊織しおりに持たせていたもう一つの傀儡帯の付喪神は”剃刀”のようです。ここでも”属性不利”。央姫が反応して盾を編むのも想定していたわけですね。

しかし、今更ですけどこれって完全なルール違反ですよね。傀儡帯の使用までは百歩譲るとしても、今回はもはや対戦者自身が扱ってすらいない笑

反則負けにできないのかな??

スポンサーリンク



罪には恥ずかしい罰を!!央姫の痴態!!髪触手プレイと恥ずかしい告白!!

さて、央菜にけちょんけちょんに怒られた央姫ですが、もちろんただのお説教だけで終わるわけがありません笑

” 罪には恥ずかしい罰を “

そんな格言初めて聞きましたけど笑笑

“恥ずかしい罰”として央菜の髪(織小櫛と言うそうです)による触手プレイが展開されます。

織小花央姫 痴態 触手プレイ

央菜の目的は央姫の痴態を皆に見せて、恥ずかしい目に合わせること。

特にかずやには目を離さないように念まで押しています。

さらに恥ずかしい告白も強要する央菜。その内容は…

織小花 初体験

央姫さんの初体験情報は吐露香ですでに暴露されていますので、今更感があるかと思いましたが…。

まさかの新事実が発覚しました!!笑

初体験の場所は、廃寺。相手はすそはらい候補生…のはずが。。

実は、その”すそはらい候補生”とは…央菜のことだったのです!!

なんと央姫さんの初めては、央菜の髪男根だったらしい。。央菜曰く、“半身とのまぐわいは自慰みたいなもの”だそうですが。。

というか、この告白って央菜にとっても“恥ずかしい告白”になるんじゃ。。

情報の漏洩…。央姫さんにはお尻ぺんぺん笑

さて、一通り央姫にお仕置きを終えた央菜は、皆に情報の漏洩の可能性について話をします。

傀儡帯のみでなく、彼女たちの能力である“織小髪”についても秘中の秘だったにもかかわらず、その能力が隷付喪神派に知られていたこと。

さらに漏洩元が央姫で、使われたのが白艶香であることまであたりをつけています。

ちなみに、やはり織小花さんの”織小髪”は付喪神を使役しているわけではなく、自分自身の能力のようですね。織小花さんの中の“央姫が人間の部分”“央菜が付喪神の部分”と言った感じでしょうか。。

央姫が吐露香によって情報の漏洩源となっていた事実を知って響華は憤慨し…

央姫さんは腫れ上がるほどに、お尻をペンペンされてます。

もはや、元つづら殿党首の威厳のかけらもありませんね笑

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。
スポンサーリンク