To LOVE る ダークネス 第76話 『How will you do? ~決意!?~』レビューです。

スポンサーリンク









漫画レビュー To LOVEる ダークネス 矢吹神 矢吹 乳首が見える漫画 ララ・サタリン・デビルーク 西蓮寺春菜 古手川唯 モモ・ベリア・デビルーク ナナ・アスタ・デビルーク 九条凛 籾岡里緒 ネメシス 結城美柑 ハーレム 微エロ おっぱい 美少女 胸チラ ネタバレ 画バレ 

To LOVEる ダークネス 最新レビューリンク など

・To LOVEる ダークネス 最新話レビュー
・To LOVEる ダークネス 外伝最新話レビュー
・前話 第75話『Sudden confession ~大切な言葉~』レビュー
・『To LOVEる ダークネス』 レビュー一覧

両想いの確認!!カップル成立!?

春菜からの告白に答えて、自分の気持ちを伝えたリト。

晴れて両想いであることを確認しあった二人。

晴れて、カップル成立…と思いきや、状況はそんなに単純ではありません。

二人が付き合うためには超えなければならない壁(こういうと聞こえが悪いかな?)が存在します。

それは…

ララ。。

リトが春菜一筋を貫くとしても、ハーレム路線に転向するとしても、彼女の気持ちをおざなりにしたまま進むことはできません。

リトだけでなく、春菜に取っても大切な存在であるララ。

なんかいつの間にやら、ララって結婚の際のお父さん的なラスボス位置にいるのね。

それにしても、なんだかリトの優柔不断のせいで、二人の障壁的な存在になってしまっているのは少々不憫な…。

まあ、思い浮かべられることもない他のヒロイン(特に既に想いを伝えているヤミとルン)よりはマシな立ち位置ですが…。

 

リトの思うままに…

と…はいうものの、リトもリトで男です。

ララや他のヒロインたちとの関係にきちんとけじめがつけられない限り、春菜との関係もこれ以上先へは進められないとはっきりと言います。

ちなみに春菜の事が一番好きだと言ったものの、ララのことも好きだと伝えます。

” 待ってるよ 結城くんが出した答えなら “

” 私は 信じてついていくから………!! “

さすが春菜、なんていい子だ…って、

えぇ、これって体のいいキープじゃ…。

イヤイヤ、純愛ですよね。

ただ正直、男らしさというなら、現時点で春菜に想いを伝えてしまったのもどうなのか…

リトの決断を待っていたら、いつになっても話が進みそうにない笑


スポンサーリンク





リトの本心を聞いて…。モモの心境。。

さて、リトと春菜とが思いを伝え合った現場を見届けたモモはというと…

半ば放心状態です。

まあ、無理もないです。

自分のリトへの気持ちを達せられる唯一の方法だったハーレムをリト自身に否定されてしまったわけですからね。

” 楽園を否定されて… リトさんと春菜さんが通じ合う所を見るのが “

” これほど心に刺さるなんて…… “

その感情の中でモモは自分自身の気持ちにようやく気付きます。

” 私は…… “

” リトさんの一番になりたかったんだ “

失意に沈むモモでしたが、ネメシスは…

” しかし信じているぞ モモ姫 “

” お前はきっと私の期待に応えてくれる “

どうやら今回の騒動、ネメシスの真(裏)の標的はリトではなく、モモだったのかな。

ネメシスのたどり着いた“生きる理由”にはモモの存在が不可欠らしい。

春菜の決心。

さて、一方でリトと両思いになれたことに幸福感を覚える春菜ですが…

” どうすれば一番いいのか…… “

” 私もララさんとちゃんと向き合わないとね…… “

彼女も一人これからのことを見据え、大切な友人であるララと向き合うことを決意します。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク