To LOVEる ダークネス 第68話「idol 〜一人だけのアイドル〜」レビューです。

2016-06-08 18.42.27





アイドルとして大活躍中のルン。

2016-06-08 18.42.39

メモルゼ星人であることも既にカミングアウトずみ。

本人曰く

” アイドルとして上り詰めるためなら何でも武器にしなくっちゃ “

ということらしいです。

とはいえ、ルンも少し思うところがあるようで、彼女のことを褒めたキョーコに対してやや弱気な発言を…

” いくら がんばってもさ “

2016-06-08 18.43.24

” 結果につながらなくちゃ意味ないし… “

アイドルとしての頑張りがリトの心に響いているのかどうなのかが不安なようです。

ルンの悩みを聞いたキョーコは彼女を励まします。

” ルンの気持ちをないがしろにしたりなんか絶対しない “

2016-06-08 18.43.39

” それはルンが一番わかってるでしょ? “

自分もリトに心惹かれているのに、いい子ですね。

とはいえ、不安をぬぐい去れないルン。

仕事帰りの車の中で彼女の携帯に届いた銀河通販の広告。

ルンの目をひいたのは…

2016-06-08 18.43.55

新製品ラヴMAXグレート。

なにやらまた怪しげな証人ですね。

てか、” 大好きなあの人が理性崩壊♫ “って…。

崩壊はマジやばいくすりだろwww

さて、翌日仕事が休みで久々に登校したルン。

リトに話をしようとしたルンでしたが、まともに言葉を交わす前に生徒たちに取り囲まれてしまいます。

とはいえ、そう言った状況も予想していたルンはレンを介してリトに手紙を届けます。

2016-06-08 18.44.30

兄として、いい加減ルンに本心を伝えるように頼むレン。

まあ、そういう部分に関してはリトは最低レベルのヘタレですからね。兄としてはやはり…ね。

と、思いきや…

亀の図鑑の方が重要らしいwww

2016-06-08 18.44.38

的目くんと仲良しなんだ。。

さて、ルンの手紙の内容は放課後の呼び出し。

優柔不断なリトもさすがに自分の気持ちを伝えなければとルンの呼び出しに応えます。

呼び出しはモモも一枚噛んでるようで…。

” 利用できるものは何でも利用しないと “

というのが、ルンの考えのようですが…。

なんだか考え方が偏ってきているような…。

 

そして、放課後…

誰もいない教室で会うルンとリト。




多忙なアイドル生活に親は心配してないのかと尋ねるリトでしたが…。

ルン、レンの両親は放任主義だそうで。

そして、父親メモルゼ王は「経験こそ宝」という方針で、アイドル活動もいつかメモルゼの発展のために役立つなら…と考えているようです。

2016-06-08 18.45.24

…しかし、アイドル活動がどう星の発展につながるんだ??

まあ、いろいろあるんでしょうね。

仕事も順調で、親の期待には答えられているというルン。

あとは…

” こっちだけ… “

と、ラヴMAXグレートのスイッチを入れます。

徐々に媚薬効果のある香りが充満していきます。

リトはもちろんルンも匂いを嗅いでいますので、二人とも興奮状態に…。

真っ赤になったリトを見て、シャツの前を開けてリトを誘惑するルン。

その瞬間、既に理性崩壊気味なリトはルンを机に押し倒し、ブラをめくります。。

2016-06-08 18.46.34

あらわになったルンの胸と、“いいよ 触っても”という一言にリトの理性は完全に崩壊。

ネメシス曰く、地球人には強く効き過ぎてしまうのだと。

寝ぼけた時と同様のテクニックを発揮するリトと…

2016-06-08 18.46.49

ラブMAXグレートで発情中のルン。

これはちょっと過激すぎるんじゃ…。

薬のせいとはいえ完全にそういう意図での行為じゃんwww

止めるもののいない中、このままでは二人は一線を超えてしまう!!?

2016-06-08 18.47.06

ただただガムシャラに求めてくるリトに喜ぶルン。

” うれしい…… 最初からこうすればよかったんだ…… “

と。

しかし、唇を合わせようとする、その時。

” …本当に “

2016-06-08 18.47.15

” これでいいのか? …ルン “

リトの体を使ってネメシスがルンに語りかけます。

もちろん、ルンはネメシスがリトの中にいることも知りませんから、リトの言葉だと思っているわけですが…。

ともかく、その一言でキョーコの言葉を思い出したルンは自分の手でラブMAXグレートを払い落とし壊します。

” 私が…リトくんの気持ちをないがしろにしてたみたい… “

2016-06-08 18.47.34

” ホント…ゴメンね… “

とリトに謝罪します。まあ、もともとここまでなるまで何も応えなかったリトが悪いんですがね。

リトもそのことを自覚していて、ついにルンにも春菜のことが好きだということを明かします。

そして…

” …オレは悩んでばかりのダメなヤツだ “

2016-06-08 18.47.56

” ルンに好いてもらえるような男じゃない… “

しかし、その話を聞いたルンの反応は

” …よかった “

と。そして、

” それに好きな人が複数いて悩んでいるっていうんなら “

2016-06-08 18.48.06

” がんばりしだいで一番になれるチャンスがあるって事よね! “

と。。

なんでこの作品のヒロインはみんなこんななんだwww

いや、いい子なんだけど、なんか違うじゃん。。ポジティブシンキングにもほどがある。

というか、最近なんでリトがこんなにモテるのかに説得力がなくなってきてませんかね。もちろんリトいいやつなんですけど…。ここまでやって誰にも愛想尽かされないほどのレベルか…。

まあ、いいか。

ネメシスもリトの周りには”ポジティブな女”が多いと言っていますwww

それにしても、今回は完全にネメシスのファインプレーでしたね。本人は

” …まさか “

2016-06-08 18.48.12

” いい所を邪魔してやっただけさ “

と。ネメシスの好感度急上昇です。

後日。

何も知らない春菜に宣戦布告するルン。

2016-06-08 18.48.19

何やかんやでわけのわからないまま一番翻弄されているのは春菜ですねwww

そして、最近やや登場回数の増えている的目くん。。










To LOVEる ダークネス レビュー一覧