To LOVEる ダークネス 39話「The beginning of darkness 〜その時〜」レビューです。

・・・。
初っ端からスゴい構図ですね。。



最近は随分と彩南町に馴染んで来た様子のヤミ。

遠くから、ヤミの宇宙船を見つめるネメシス。
さて、彼女は何を企んでいるのでしょうね??
一方、結城宅では…。
今日も…。

まったく、お盛んですねぇ。

完膚なきまでにとろけきった表情のモモ。
モモ曰く
“イタズラじゃありませんよ 開発です♡”

まったく、どちらが開発されている事やらwww

リトがハーレム王の器であると確信を持つモモ。
今ならばヤミすらも少し押せば落ちると…。
早速、学校でヤミと接触。。
ドン

からの…

ええ〜w( ̄△ ̄;)w
ええ〜w( ̄△ ̄;)w

い、いったいなにが起きたというのだ…。
もうこの動き人の域を超えている。。
というか、リトさんわざととしか…。
リトに襲いかかるヤミですが。ヤミがそろそろオチルと考えているモモは…。

結構楽観的。
しかし…

www
巨神兵www
モモが助けに入る前に。

西蓮寺春菜!!
久しぶりにヒロインらしい!!
が、周りはまさかの反応www

そういえば唯って意外とセリーヌに懐かれてますよねぇ。
やっぱり、胸・・・か。。
ただでさえややこしい状況に、一番厄介な娘がwww

あいかわらず、リトと春菜をくっつけようとしているララ。
騒動もおさまりハーレムについて教室で考え込むモモ。

ちなみに後ろに流れているのはV・M・Cのモモ賛美歌ですwww
さて、場面は変わって水泳の授業。
…なぜティアーユ??

いや、水着もそうだけど。。
だってこの人体育教師じゃないじゃん!!
佐清先生はどうした、あのイケメン?

ティアーユの肉体に、ナナ愕然www
まあ、あまり大きすぎるのもねぇ。。
しっかり授業(?)に参加しているヤミ。

本当に大分馴染んできましたね。。
喧嘩するナナとモモをみて
“地球では「喧嘩するほど仲が良い」という言葉があるそうです”

では、喧嘩しない自分達は仲が良くないのかと問うメアにたいして。。

“そうとも限らないでしょう”
“私達はまだ姉妹になったばかり”

“そういうのは・・・ これからかもしれない”
なんかいいですね。。ちゃんとお姉ちゃんですね。
個人的にはまだヤミのお姉ちゃん属性にはすこぶる違和感があるのですけどwww
“生まれが人でも兵器でも”

“そういうのはきっと変わらないよね”
メアもちゃんと”ヒト”として生き始めてますねぇ。
そんなメアに自分の思いを吐露するヤミ。

兵器である自分達を受け入れてくれる町…彩南町。

“私たちは”

“ここにいてもいいのだと”
いや〜、ほんと良かったねぇ。。そんな風に思えるようになって(涙)
…と、

ヤミの瞳に異常が!?
ゴオッ

えっ、なに?スーパーサ◯ヤ人??
何が起きた!??

トランスが暴走しているようです。
しかし、なぜ暴走してこんなえっちい事態になるのでしょうか??www
ヤミのいきなりのご乱心(笑)に戸惑うメアですが…
“何カン違いしてるメア・・・”

“これは”発動”だ”
ネメシス登場!!

ネメシス曰くイヴの”闇(ダークネス)”へのトランスが始まったとのこと。。

ネメシスの言う”ダークネス”発動のための条件とは??
ズズズ・・・

メアの髪が黒く染まる・・・。
“私達3人の未来のための・・・”
あれ?メア??ネメシス??
どうも、ネメシスがメアの身体を乗っ取ってしまったようですね。
そして明かされる“覚醒の条件”
“それは・・・兵器にあるまじき”心の平穏””

“それをお前が心から受け入れること・・・・・・!!”
“いよいよ会えるな♬”


“本当のお前に”


>To LOVEる ダークネスレビュー一覧<