To LOVEる ダークネス 第34話「When talking〜姉妹恋愛事情〜」レビューです。


階段を軽やかに駆け下りるララ。
遂にダークネスにてララにヒロインがまわってきました!!
さすがに破壊力??が違う…。
リトとの間を進展させるべく彼を捜しているようです。
その頃屋上にいるネメシスとメア。
ブラディクスに遭遇して以来のヤミの様子をメアに尋ねるネメシス。
“傷付け争うしかない”という兵器の本質…。
それをヤミが意識しただろうというネメシス。

どうやらブラディクスが九条家に流れ着いたのにはネメシスが一枚噛んでいたようです。

一方、学校の廊下を一人歩くヤミ。

ちゃんと学校に来るようになってるみたいですね。
ティアーユ先生も喜んでいる事でしょう。
と、そのティアーユ先生ですが…。

徐々に、しかし確実に強力になっている“リトの能力”に…。
普通こけても、そこは掴まないだろwww
ま、今回はリトが一方的に悪い訳では…ないはず…。

しかし、ヤミちゃんはティアーユの事になると問答無用ですから。

背後から迫る殺気!!鬼になってますね、ヤミちゃん。
しかし、右上の張り紙www
そりゃ、見かけるだろ、校長なんだからwww
絶対零度の殺気。。


いえ、まったくその通りです。
読者たちの気持ちを完全に代弁してくれました。
追い回されるリト。

これが日常の風景になっているっていうのはスゴいですよね、この漫画。
グランド整備とか大変そうだな。。
運動部とか結構迷惑してるんだろ〜な。
リトを見つけたララ。


“能力”
って、ヤミはいまアレを読んでいるのでしょうか??
ま、しかし確かに”能力”の域には達してる。
しかし、つぶすってwww
そんな、ヤミちゃんに全力笑顔でお願いするララ。

うわ〜、超ピュア〜!!可愛い〜!!
いいですね、こういうララの魅力。
最近ララがスゴく可愛く見えて仕方ないwww
ララの純粋無垢・無邪気オーラにたじたじなヤミちゃん。。

どうも、ヤミちゃんはララのお願いに弱いみたいですね。
ララのおかげで難を脱したリト。
リトに話があるララ。

ララ、可愛いな〜。
しかし、リトはノートを運ぶ途中だったことと、ティアーユに謝罪しなくてはならないことを思い出し、走って去っていってしまいます。
どうもリトは前号の真面目くんにこき使われてるようですねwww
ちなみに彼“的目”君というらしいです。さすが委員長www

一方、リトに会いに2-Aに来たナナ。

こっそり、教室をのぞきます。
ストーカーかwww
しかし、すっごく苦しい言い訳www
校舎の中で道に迷ったって。可愛いいい訳だな〜。

しかし、この二人…。
家でも毎日リトに会ってるのに、学校にいる数時間すら我慢できないのか…。
しかし、最近どうもナナのほうがリトの事を理解しているようで…。

お子様だと思ってたナナに遅れを取っている事にショックを受けるモモ。
そんな時に、ハーレム計画の要であるララに遭遇。。

ペケと作戦会議するララ。
てか、“人間の恋愛は”ってwww
で、リトとの進展についてモモにも相談するララ。

ララを主軸にハーレム計画を構想しているモモは…。
もちろんララが正妻ポジションにいないと成り立ちませんので…。

俄然ララを後押しします。。
放課後。。
正妻ポジションを脅かす“古手川唯”


現時点最有力候補!?

もう一人の正妻候補“西蓮寺春菜”


こっちは好き同士なせいで、気を使いすぎて逆に気まずい二人
こっそりと覗き見しているララ。

やっぱり、春菜の応援を優先してしまうララ。
猛烈にアタックするララ。

久々のアタックに同様するリト。
まんざらでもないみたいですけどねwww

“春菜の気持ちもリトの気持ちも知らなかった頃ー”


もう、戻る事は出来ない昔。
なんか、ちょっとせつないな〜
リトにくっつくララを見て…。
他の女の子がリトにくっついていて美柑が危機感を持たないとは…。

懐かしいノリって、逆に安心感まで抱いているようです。
“まいっか”ってwww

お子様だしってwww
小学生にお子様扱いされるララって
まあ、否定できないけどwww
 
一方…

逆に危機感を持つモモ
この二人は対照的な“妹”ですね。
そして、モモは最終手段にでます!!

それは…


恋愛シュミレーションゲーム!!

しかも

攻略済み。。
てか、デレっデレってwww
普段モモはなにやってんだ、本当に。
ま、そもそもハーレム計画自体こういうゲームやってないと思いつかんわなwww


オトナの愛の確かめ方www

こんなゲームで教えようとしてるとこが既にお子ちゃまですが…。
ま、おいておいて、重要なのは。
今までそんな知識を持たず、ただただ純粋だったララにそっち方面の知識がついてしまった点です!! 
さて、湯船につかって疲れをいやすリト。

今日のララがいつもと違った事に付いて少し考えています。
すると、湯船から突如気泡がっ!?そしてっ!!

何事かと驚くリトの右手に触れたものは!?

ララはリトと一緒にお風呂に入ろうとしたようです。

しかし、何故わざわざワープ??
始めて会った頃の様なララに動揺するリト。

ま、最近ララがこういう行動をとらなくなったせいでこういった方面に対する耐性も弱くなっているでしょうしね。
……



リトの股間を注視するララ。。
なんか、ララ可愛くなってますよね??ヒロインとしての破壊力が半端な印ですが。
今まではどちらかというと元気なオバカキャラな部分が強調されてましたが、最近ではピュアな純粋無垢キャラな面が前面に出てますものね。。
そんなピュアなララはリトの裸に興味津々ですwww

これはやはり先ほどのゲームがR15指定ではなくR18指定であったということなのでしょうか??
そんなララに恥ずかしさを感じたリトは風呂を出ようとします。

リトを制止するララ。

そして、ララは真意を打ち明けます。
今のリトの気持ちを確かめるララ。

…そして、

圧倒的ヒロイン力!!!
次号、どうするリト!?
しかし、キスって。やっぱりR15の恋愛シュミレーションだったのかな??


>To LOVEる ダークネスレビュー一覧<