To LOVEる ダークネス 第33話「Appreciation〜進みゆく想い〜」 レビューです。


今回も、凛の無双回ですwww
さて、前回最後で男らしい決意をしたリトですが…。
ブラディクスに精神を支配された凛は…。

凛とヤミの戦いに飛び込むリト。

沈み行く精神でもリトの存在を感じた凛!!

その隙にメアのサイコダイブでリトと凛との精神をつなぎます。

少し時間がもどって…。

ブラディクスが凛を支配している現状で、凛の精神に入り込めば下手をすれば精神をバラバラにされる。
そこまでの危険を冒す義理があるのかと問うメア。

それに対し、リトは…。

イケメンやな〜。
メア。

モモはリトが心配でたまりません。
本当にこの子はリトが好きですね〜。
作中で一番リトのことを想っているのはモモかもしれません。

ちょっとお姉さんらしいナナ。

なんだかんだでリトは、ちゃんと信頼されてますね。
再び場面は戻ってメアのサイコダイブによって凛の精神に入ったリト。

そして…

いきなりかましてくれますね、この男は…www
肉体の関係ない精神世界でもこれって。
もはやドジとかってレベルではないですね。
…天才か…。
しかも、これで意識を取り戻す凛www

しかし、
“?…この 感触…は” って。。
どんだけ触られ慣れてんだよっ!!
しかし、ブラディクスって剣って言うより触手じゃん。
凛を縛るブラディクスをほどこうとして…。

……。

…。
…本当にこの男は…。
そして遂にブラディクス本体の登場です!!

リトをも取り込もうとするブラディクス。

凛のこの表情。。原因の半分以上はリトにあるのでは…www
しかし、凛のことを“所有物”というブラディクスに怒るリト。

しかし、この状況。。しまらないな〜www

今まで、常に“守る側の人間”だった凛。

凛、かわいいな…。
凛といえば、常に大人っぽいイメージですからね。
ギャップ萌え!!www
さて、そんな自分を“守ろうとする男”!!
結城リト!!


これは完全に凛のデレフラグっすね〜。
完璧に惚れたでしょ、このパターンは。。
てか、ブラディクス!!自重しなさい!!www
リト!!さすがやるときはやる男!!

凛の精神をブラディクスの束縛から救出します。
もう地球人じゃないな、こいつも。
ブラディクスの攻撃かわしてるし…。

怒り狂うブラディクスの攻撃から逃げているところにメアが助っ人として参戦!!

メアの精神を浸食しようとするブラディクス。

が…。

“ズズズ…”


何スかこれ。メア、強すぎでしょ
メアが逆にブラディクスの精神を浸食!!
まあ、所詮2000年前に作られた過去の遺物ですから…。
同種の能力なら、最先端であるメアの力には及ばないのは道理ですわな。。
しかし、本体が出てきてから、急にザコっぷりに拍車のかかったブラディクスさんですね。
で、現実世界では遂にブラディクスが凛からはなれた!!

そして、逃げるブラディクスに止めの一撃!!

” もう “

” おやすみなさい…… “
…なんかせつないですね。。
しっかし、凛のヒロイン力。半端ないな!!

完全に勇者に助けられたお姫様ポジション!!
ほかの女の子キャラを圧倒している!!

どうやらメアの髪が黒く染まって行ったのは重大な伏線のようです。
てか黒ってダークネス??
そして…

登場前に全て片がついてしまっていて出るに出られない人…。
いや〜本当残念な人ですねwww
いや、いい意味でwww
いい味だしてます。
そんな、まったく活躍の場を与えてもらえないザスティン隊長ですが…。

どうやらメアが気になる様子。。
久々にシリアス感をだしたのに、この直後いるのがバレてナナにしかられちゃいますwww
そして翌日。
“お母さんキャラ”にシフト??
凛の活躍によって、黒髪ツンデレ巨乳美少女の立ち位置を奪われつつある唯。。

ちょっと、というか大分キャラかぶっちゃうもんね。
どっちも風紀委員キャラだしwww
頑張れ唯!!
どうやら、リトは凛に本当のことを言わなかったようです。
メアのことを慮ってのことのようです。

が、そこに凛が…。

これは…惚れたか…。
とりあえず、表情可愛い♡
精神を乗っ取られながらも凛はちゃんとリトが助けてくれたことを覚えていたようです。
そして…。
…。

デレた。。完全にデレた。。
完全に恋する乙女の顔ですね。
“ありがとう”それだけいってさっさと行ってしまう凛。

可愛いな〜。
柱の影から様子をうかがっていたモモwww

完全に凛をハーレム計画に組み込むつもりですねwww

沙姫www
いいキャラしてるな〜。
で、終わりかと思いきや。
ここでまさかの春菜登場!!

しかも、いきなりミオにセクハラされてますwww
ま、もともと春菜はおしりには定評があったからな。
無印時代から春菜にはお尻属性あったものね。

春菜www
そして、メガネくんウケるwww

そんな春菜たちを見てを見て
ララはリトと春菜をいかにしてくっつけるか考えてます。

そんなララに”恋とはお互い気持ちが通じて終わりではない”と説くペケ。
ララに次の一歩を促します。

ま、確かにララの”好き”って小学生ぐらいのこの”好き”って感じ…。
お子様っぽいっていうか…。
次号、ララ&春菜回で新展開か??


>To LOVEる ダークネスレビュー一覧<