『To LOVE る ダークネス』 番外編 『Multiplication ~前から後ろから~ 』前編 レビューです。

スポンサーリンク








漫画レビュー To LOVEる ダークネス 矢吹神 矢吹 乳首が見える漫画 ララ・サタリン・デビルーク 西蓮寺春菜 古手川唯 モモ・ベリア・デビルーク ナナ・アスタ・デビルーク 九条凛 籾岡里緒 ネメシス 結城美柑 ハーレム 微エロ おっぱい 美少女 胸チラ ネタバレ 画バレ 

To LOVEる ダークネス 最新レビューリンク など

・To LOVEる ダークネス 最新話レビュー
・To LOVEる ダークネス 外伝最新話レビュー
・『To LOVE る ダークネス』 番外編 『Multiplication ~前から後ろから~ 』後編レビュー
・『To LOVEる ダークネス』 レビュー一覧

番外編センターカラー!To LOVEるはまだまだ終わらない!!

さて、最終回の翌月から、いきなりの番外編です。しかも前後編だそうです。

ToLOVEるダークネス番外編前編扉絵

ちなみに前編の今回は、WJ時代の雰囲気でのお届け、だそうです。

WJ時代の雰囲気ってどんなだ??って思って読んでみましたが、よくわからず…。

エロ表現が少なめで、ややピュアな感じなのかと、思ったら意外としっかり笑笑

で、ページ数数えてみたら19P。もしかしてWJの雰囲気ってページ数の話!??

ちなみに今回の前編と来月号の後編をベースにしたスペシャルOVAが8月4日発売の「ToLOVEる」シリーズ10周年 アニバーサリーブック とらぶるくろにくるに同梱されるそうで、ただいま予約受付中だそうです。

まあ、そんなこんなですが、レビューに入りましょう。。

「To LOVEる」の予感!ララの発明品!!

さて番外編の始まりは、ララの発明品開発から…。

ララサタリンデビルークその後

あ〜、そのパターンですか笑

また、ララの発明品が暴走しちゃうやつですね笑笑

考えてみれば、ララの発明品ってまともに完成したやつあったっけか??

その後のヒロインたち。

さて、ほかのヒロイン達も相変わらず元気に学園生活を送っているようですね。

ToLOVEるヒロインその後

相変わらずのネメシスと風紀を取り締まる唯とナナ。

校長はもう後戻りできないとこまで来てますね笑

さらに、ヤミメア姉妹。

ヤミメアその後

ヤミちゃんはさらに毒舌が達者になられています笑

それにしても、この姉妹は甘いものが好きですね〜。。

その後、ネメシスとメアが始めた模擬戦(?)にヤミも参加するという展開。ヤミも丸くなりましたね。。

 

リトと春菜とララと。。「にゃんにゃんコピーくん」!!

最終話で気持ちを確かめ合ったリトと春菜はなかなかいい雰囲気になっていましたね。

リト春菜カップルその後

なんかふんわりといちゃいちゃしてるな笑

そこにララが発明品を持って登場します。

相変わらず、この3人は不思議な関係性ですが、良好ではあるようですね。

ちなみにララの新発明品は「にゃんにゃんコピーくん」。

にゃんにゃんコピーくん

御門先生の「貴重な薬草をコピーしたい」という要望に応えて作ったもののようですが、肝心のコピー機能はまだ調整中なのだそうです。

そうです。「調整中」なんです笑


スポンサーリンク




 

ハレンチ倍増!?くしゃみをする度リトが増える!!?

で、想像通りハプニングが起きて「にゃんにゃんコピーくん」が起動し、リトに”特殊な静電気”を浴びせてしまいます。

その場では、効果は見られなかったものの…

リト増殖

なんとくしゃみをするとリトが二人に!!

当然、くしゃみなんて動的なことをすれば、リトさんのアレが発動しますよね。

しかも、「にゃんにゃんコピーくん」の効果でリトさんは二人。

西連寺春菜ハレンチ番外編

普段の二倍のハレンチ力が春菜を襲います。

これまでリト一人が複数の女の子に…というパターンは多々ありましたが、まさかの複数のリトが各々に的確に責めるという展開。。

しかも、リトさんのハレンチスキルはあくまで事故のような不確定要因を含んだ…ありていに言えばリトさんのドジっ子属性ですから笑

リトが倍になったら単純計算ハレンチ度は2倍…ではなく、相乗効果で2乗くらいになるんじゃ…。

これはやばい予感ですね。。ヒロイン達のピンチ(?)です笑笑

ちなみに、もう一度くしゃみをすれば、あら不思議。。

結城リト にゃんにゃんコピーくん 増殖

リトさんが、も一人増えました。。

一応、「にゃんにゃんコピーくん」のしっぽを強く握ればコピー効果はリセットされるようです。

しかし、猫のしっぽを掴むってどんだけハードル高いんですか!!笑笑

前後話レビューリンクなど

・『To LOVE る ダークネス』 番外編 『Multiplication ~前から後ろから~ 』後編レビュー

・『To LOVEる ダークネス』 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。


スポンサーリンク