大正処女御伽話 番外編 「春ノ嵐ト黒百合」レビューです。

2016-07-18 17.23.54

ジャンプジャンプSQ.CROWN 2016SUMMER 2016年 08 月号 にて掲載された番外編です。

漫画レビュー 大正処女御伽話 最新話 番外編 ネタバレ ジャンプCROWN







ユヅと珠子。仲良き姉妹?

“あの事件”からすっかりユヅにべったりの珠子。

“あの事件”については第七話 黒百合の娘 レビューをご参照ください。
大正処女御伽話 第七話 「黒百合の娘」レビュー

はじめはその変容に怖がって(?)いたユヅも慣れたのか、今ではすっかり仲良しです。

ただ、珠彦だけは嬌態(笑)を振りまく妹の姿に戸惑いを隠せません笑

そんなわけで、”あの夜”一体何があったのかと珠子に問いかけます。

” ユヅ姉様と何があったって… “

2016-07-18 17.24.03

” あの夜のことを云えとおっしゃるの!? “

あの夜の出来事。

さて“あの夜”“あの出来事”の後の二人。

お風呂あがりに珠子の髪をすいてあげるユヅ。

サラサラの珠子の髪を褒めるユヅですが…

“ご機嫌取りしないでっ”と突っぱねる珠子。

2016-07-18 17.24.57

まあ、こんな言い方はしていませんが笑

この時点では、まだ少しツンツンしていますね笑

しかし、雷が鳴ると…

2016-07-18 17.25.08

雷が苦手な珠子はとっさにユヅに抱きついてしまいます。

さらに、第八話「幸せは月明かりの下に」で明らかになったことですが、サラシで押さえつけてはいるもののユヅは豊満な胸の持ち主です。

豊満な胸は“母性の象徴”でもありますので…

今のご時世で、こんなことを書くとセクハラと言われてしまうかもしれませんが笑

愛情に飢えていた珠子を受け入れ、包み込むユヅの優しさ。




一緒の布団で…。雷なんか怖くない!!

雷を怖がる珠子のために一緒に寝ることにしたユヅ。

まあ、子供とはいえ十二歳で雷をここまで怖がるのか…とも思いますが笑

そこは昔ですし、しかも山の中ですので笑笑

2016-07-18 17.25.28

実の母にも姉にも、髪をとかしてもらうことも一緒に寝てもらうこともしてもらえなかったという珠子に…

” もし…私が… 珠子さんのお姉さんだったら “

2016-07-18 17.25.40

” こんなに可愛らしい妹を寂しがらせたりしないのですが… “

ユヅの暖かさに氷解する珠子の心。

“姉様”と呼ばれたら嬉しいというユヅの言葉に、ついに頑なだった珠子の心は氷解します。

2016-07-18 17.25.57

ユヅ天使が笑

“うれしい”の一言が完全に珠子の心を貫いてますね笑

そんなわけで、珠子はユヅを姉として慕うようになったわけです。

しかし、そんな珠子の”美しい思い出”は男子禁制だそうで、結局何があったのか知ることができなかった珠彦でした笑

感想などなど

今回は本編とは違い、珠彦とユヅではなく、珠彦妹である珠子とユヅの関係に焦点を当てたお話でした。

本編とはまた違ったほっこり感で、楽しめました。

大人ぶっていても珠子はまだまだ12歳。親や大人の愛を欲する子供なのですね。

そんな、珠子にとってはユヅに会えたことは何よりの幸運だったようです。

ろくでもない(?)家族の中で育った珠子にとって、血の繋がりよりも濃い繋がりを手に入れられたのかもしれません。

ユヅのおかげで、実兄である珠彦との間の誤解も解け、関係も良好になってきていますし、同時に医者を目指すという目標も持てました。

第二十話「夕月ヲ求メテ」で登場した珠子が身を寄せている神戸の叔父もなかなかいい人のようですし、珠子にとってはとてもいい流れです。

ま、珠子のユヅ愛はやや行き過ぎな感も否めませんが笑

それにしてもユヅの母性は強いですね〜。

むしろお姉さんではなくお母さんみたいな感じです笑



>大正処女御伽話 レビュー一覧<