『双星の陰陽師』 #42「女の戦い②」レビューです。


スポンサーリンク









最新話 ネタバレ 漫画レビュー 双星のまとめ 双星の陰陽師 最新話 ネタバレ ジャンプ ジャンプSQ 焔魔堂ろくろ 化野紅緒 婆娑羅 十二天将 千怒 安倍晴明 蘆屋道満 ケガレ

双星の陰陽師 最新レビューなど

・双星の陰陽師 最新話レビュー
・双星の陰陽師 番外編 最新話レビュー
・双星の陰陽師 最新考察

・前話 #41「女の戦い①」レビュー

・『双星の陰陽師』 レビュー一覧

女子の部最終戦!!”女帝”御幣島すばる!!

ついに女子の部最終戦が始まります!!

繭良の相手は、女性陰陽師最強の“女帝”十二天将”天后”御幣島すばるです。

双星の陰陽師 42 女の戦い②

御幣島すばるは12歳で禍野での初陣15歳で”天后”を引き継ぎ、御幣島家当主となった女傑です。

夕弦さん曰く“ゴリラウ…スーパーウーマン”だそうです。いやぁ夕弦さん最高ですね、毒舌笑

双星の陰陽師 御幣島すばる

経歴だけ見れば、”朱雀”斑鳩士門に匹敵するほどの天才です。

ちなみに、なんと彼女は紅緒の師匠でもあったそうです。

島出身のはずですが、なぜか話し言葉は京言葉。ちなみに実年齢は繭良の倍くらい、つまり30代前半ですかね。

手にした武勲は数知れず、そのキャリアのせいか未だに独り身のようで、口癖は「どっかにええ男いてへんのやろか〜」(*夕弦さん談)だそうで、そのエピソードは繭良にホロリと涙を流させました(笑)

前哨戦!?女の戦い!??

さて、試合を前に緊張と力みで硬くなっている繭良。

その様子を見たすばるは、繭良の硬さとり兼前哨戦とばかりに繭良にちょっかいをかけます。

御幣島すばる 天若繭良 胸揉みしだき

まあ、具体的には繭良の胸を揉みしだいたわけですが…。

もちろん、その光景は大スクリーンにも映し出されています笑


スポンサーリンク




決戦開始!!白虎vs.天后!!

さて、気を取り直して女子の部最終戦が始まります。

獣爪顕符『白蓮虎砲』で十二天将”白虎”をまとう繭良。

天若繭良 獣爪顕符『白蓮虎砲』

右腕のみに呪装していた清弦とは違い、両腕に纏っています。ちなみに、繭良は白虎の呪装に加え、3つの連装を実現させています。

一方で、すばるは十二天将”天后”の力、聖后顕符『天聖后爐』で対応します。…が、それ以外の呪装は一つも使わないと宣言!!身を守る「鎧包業羅」すら纏いません。

御幣島すばる 聖后顕符天聖后爐

すばるの能力は十二天将”天后”の水神の力によって、大気中の水分に呪装をかける銃(重)火器攻撃。その強みは死角のない圧倒的な物量です。…なにせ、大気中の水分全てを味方につけられるわけですからね。

戦闘経験なども含め圧倒的に劣勢な繭良の唯一の勝機は、一撃の威力は白虎の斬撃の方が高いということです。繭良はすばるの砲撃の雨をしのぎ、その一撃を決める機を窺います。

繭良の覚悟!!”全部っ…自分のためです!”

あくまで力の差を見せつけようと、呪装を纏わないすばるでしたが、彼女の思惑とは裏腹に繭良は「鎧包業羅」を纏わない状態のすばるに攻撃しません。

” 本気でやったら… “

” あなた…を 殺して…しまうっ!! “

ダメージを受けてもなおすばるに「鎧包業羅」を纏うように言う繭良に、すばるも興味を覚え、本土育ちの繭良が、そこまでして戦う理由を問いかけます。

繭良の答えは…

” 全部っ “

繭良 名言 自分のため

” 自分のためです! “

大切な人たちに、悲しい思いをさせないために、誰よりも強くなくてはならないのだと。。

その覚悟を受け、すばるはついに「鎧包業羅」を身に纏います。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク