11人の婆娑羅 双星の陰陽師考察 3ページ目です。


スポンサーリンク




聖丸

基本情報

島から本土へやって来た2人の婆娑羅のうちの1人。

『呪力属性”土”』

『序列四位』

斑鳩士門と交戦、及び小夜を誘拐。

hijirimaru
助野嘉昭「双星の陰陽師 #24敗北の歴史」『ジャンプSQ』2015年11月号

<容貌・性格>

眼は今の所描かれておらず、両目とも無い模様。

長髪を荊のような髪留めでツインテールにしている。

なんとなく、ヘビメタっぽい。

ハイテンションで、高圧的かつ残虐、一方で意外と”ルール”を守る相手には誠実(?)な一面も??

<特徴>

自称“慈愛の心”に満ちており、一方的に提示する”ルール”を条件に相手に生き残るチャンスを与える。

とはいえ、これも後述の通り殺害対象の負の念を増大させるため(希望をもたせて絶望に叩き落す)の嘘で仮に条件を達してもおそらく殺される。

また、”ルール”を破るようなら容赦せずに即座に惨殺する。

” ルールは破るな? “

hijirimarujihi
助野嘉昭「双星の陰陽師 #23呪縛無キ空」『ジャンプSQ』2015年10月号

” それは俺の慈愛に背く行為だ “

これにより殺害対象を心理的に極限の状態に追い込み、“怒り””悲しみ””憎しみ””恨み”を極限まで増大させ、膨れ上がった呪力を取り込む。

能力は土属性の呪力によって、空気中の塵や埃をつなぎ合わせて強靭なワイヤーを作り攻撃する。


スポンサーリンク




<呪装:纏死穢>

” 纏死穢 “

zannshoumugyou
助野嘉昭「双星の陰陽師 #24敗北の歴史」『ジャンプSQ』2015年11月号

” 斬礁霧形! “

<少し考察>

聖丸の”纏死穢”である“斬礁霧形”ですが、ほんの腕の一振りでかつ全力でもないにもかかわらず、斑鳩士門の朱雀の羽を文字どおり霧消させ、さらには辺り一帯を両断するほどの威力を持ってます。

おそらく普段の呪力によるワイヤーと同じ原理なのでしょうね。

また、何度も十二天将と闘っているという発言や、その能力が明らかになっていなかったことなどから、婆娑羅となってから少なくとも相当の年月経っていると考えられます。(さすがは序列四位笑)

この人に関しては特にこれ以外に考察をする事もないのでここまでかな…。

3ページ目はここまでです。4ページ目”氷鉋”/””は以下より。


スポンサーリンク