新テニスの王子様 Golden age 124 『未来の僕らへ』レビューです

徳川の異常に動揺する鬼と入江。






“ま まだだ・・・”
吐血しながらもなお戦う意志を捨てない徳川。

ブラックホールの使用限界時間である30分たつ前の出来事に鬼は動揺を隠せません。
そして、その真の理由は・・・

やはり、昨晩リョーマを庇って光る玉を受けてしまった事。
徳川の行動に、鬼も入江も徳川を軽卒といいますが・・・
“将来有望な男を・・・ 放っては置けなかった”

“あなた達が 俺にしてくれた様に・・・”

たっているのもやっとの徳川。




その視線の先には・・・

徳川がその身を呈して守った・・・将来有望な男。
越前リョーマ。。

後を託すかのような視線をリョーマに投げ掛け、徳川は崩れる様に倒れ込みます。

そんな徳川を侮辱する平等院。

平等院の態度に・・・
“アンタ・・・”

“最低だよ”
遂にリョーマ発動か!?
しかし、今月のテニプリは2話ともとにかく徳川が格好良過ぎでしたね。
 









新テニスの王子様 レビュー一覧