るろうに剣心 -キネマ版- 最終幕 レビューです。

IMG_2644

前回の最後で刃衛に刺された薫。


スポンサーリンク




漫画レビュー るろうに剣心 キネマ版 緋村剣心 人斬り抜刀斎 斉藤一 鵜堂刃衛 神谷薫 新撰組 明治維新 天翔龍閃 飛天御剣流 ランキング 強さ

斎藤のセリフが胸に去来する剣心。

「作り笑顔で飄々と練り歩いた処で」
「自身が作った血溜まりの中からは逃れられん」

やっぱり、キネマ版は原作版に比べて”抜刀斎時代”が、より暗く重苦しい過去として描かれてますよね。

IMG_2645

実際に、取り返しのつかない事になってしまったわけです。

そして、刃衛がまさかのるろ剣の中の名言中の名言を・・・。

“剣は凶器 剣術は殺人術”

IMG_2646

“これが真実!偽らざる真ー”

この辺りからも、刃衛の人物像が原作に比べ深く感じますね。
なんというか、原作のただただ人斬りを楽しんでいたのに比べ、キネマ版に刃衛には”人斬り”に対する”誇り”、或は”哲学”を持っているように感じます。

IMG_2648

薫を殺されて逆上した剣心の一撃!!

“うほおう! 今の一撃 剣閃はおろか体のこなしすら見えー”

IMG_2649

再び、名言!!


スポンサーリンク




かと思いきや。

IMG_2650

“!?”

IMG_2651

“一撃に非らず……! 二撃目は一切見えず……!!”

原作超えきた〜!!グレードアップしてましたwww

IMG_2652

刃衛への怒りによって、鮮血のような赤に染まる十字傷!!

IMG_2653

抜刀斎に完全に立ち戻った剣心。
こういうシーンはやっぱりエンバーミングに重なりますね。

IMG_2654

なんとか一命を取り留めていた薫。
剣心の覚醒に、“狂人”から再び落ち着いた“剣客”の雰囲気になる刃衛。
往年の人斬りに立ち戻った剣心と、刃衛。

IMG_2655

“さあ 死合おうぞ”

刃衛にとっては幕末こそが”まともな世界”で平和な明治の世は”狂った世界”なんですね。

剣心が抜刀斎に立ち戻り、”幕末の江戸”に戻ったことで刃衛も“本来の刃衛”に立ち戻ったわけですね。

キネマ版では本当に刃衛を剣心の対として、対比的に描いていますね。

あったかもしれないもう一人の剣心…といったところでしょうか。

あるいは、影の剣心とでもいうべき存在か。

しかし、こういうカットのせいか本当に、キネマ版の刃衛って貫禄というか深みがありますよね。
そして、剣心に両腕の反動を用いた”最大上下同斬”によって、剣心に切り掛かる刃衛。

“命の結果は生きるか死ぬか! 過程の長さに価値など無し!! 価値あるはー”

IMG_2774

“生死を決するこの一瞬!!”

やはり、哲学を持ってますね。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク