炎を統べる -るろうに剣心・裏幕- 前編 レビューです。

IMG_6085

スポンサーリンク




『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』最新レビューリンクなど

・『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』最新話レビュー

・『炎を統べる -るろうに剣心・裏幕-』後編レビュー

・『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』 レビュー一覧

・『るろうに剣心』キネマ版 レビュー一覧
・『エンバーミング』 レビュー一覧

志々雄の真実の物語

連載終了からはや15年!

ついに明かされる志々雄の真実の物語!!

IMG_6096

十本刀結成の前日譚!!

“ 羅刹が如く人を殺め 悪鬼と畏れられたもう一人のその人斬りは ”

IMG_6097

“ 動乱の終焉と共に ”存在”の全てを消却された ”

志々雄と華焔

明治十年 東京吉原

話の始まりは…

明治十年晩秋
-東京新吉原-

引手茶屋まで客の迎えの花魁道中。

IMG_6098-1

その相手は…

IMG_6098

志々雄真実!!

ちなみに駒形由美の源氏名“華焰”って言うんですね。

花魁 華焔

刀を遊郭の中に持ち込むことを断固として拒む方治に華焰が一言。

“ ここはね 腰の刀を自慢しに来る場所じゃないよ ”

IMG_6099

“ ひょっとして 股の刀の方は自身ないのかい? ”

しかし、そこはさすがの志々雄真実。負けていません。

“ 今更金で買える女を抱く気は無え ”

551a02a5

今回の逗留は十本刀を待つためのようですね。

…しかし、いったら何ですが全国から選りすぐった割には何本かは…。…まあ、いいかwww

 

スポンサーリンク



 

駒形由美の過去

由美の着崩しの原点

そして、一週間がたち…

華焰も随分とラフな格好に…。

新造である華火にも変な格好と言われますが、

“ 変な格好相手にはこれで丁度いいのよ ”

とのこと。

IMG_6100

由美さんのセクシーな着崩しの原点はここにあったのかwww

由美の生家を襲った凶賊

元々は商家の出だった華焰が遊郭に売られるきっかけは…

維新前に御用盗によって両親兄弟から使用人までが皆殺しにあった…と。

IMG_6101

犯人は未だ分からずじまい。

しかし、その全ての亡骸に刀傷と火傷とが同時についていた…と。

志々雄の反応

その話を聞いた志々雄の眼に恐怖を感じる華焔。

1404690197

この志々雄の反応は一体??

自分が事件の犯人だから…という反応ではないようにも思えますが…。どちらかというとその亡骸につけられた傷跡に興味津々といった感じでしょうか…。

後述の通り由美は維新前から遊郭にいるということですから、志々雄が人斬りとして活躍しているあたりの時期以前ということですよね。

そもそも志々雄がそんなせこい御用盗なんて真似するとは思えませんが…。

ただ、確実に言えることは、人斬りとして働いていた時から志々雄の刀は無限刃だったということと、無限刃は赤空の殺人剣の中でも後期の作品であるということですよね…。

それに志々雄以外が無限刃を使いこなせるとは思いませんし…。そうすると、宗次郎と出会ってすぐとかでしょうかね。

或いは考えられる可能性としては、火あぶりにされた際に一度無限刃を失い、今回の華焰の話で、愛刀の在処に関する手がかりを得た…ということでしょうか。んん〜、でも鍔の模様は一緒なんだよな〜。

少なくとも宗次郎に出会った時は、志々雄は無限刃を使っていなかったんですよね。

2016-12-30-0-28-32
和月伸宏『るろうに剣心 完全版』第12巻より

当然焼かれる時には、取り上げられてしかるべきですし。

遊郭にて…それぞれの一週間

一週間逗留して志々雄一行は赤猫楼に非常に馴染んでいるようで…。

宗次郎と双子の禿

双子の禿あかりとかがりと遊ぶ宗次郎。。

IMG_6102

さすがは、宗次郎。確かに小さい子に人気がありそうですものね。

方治と華火

方治といえば、相変わらず堅物らしく真面目に計画なんぞを練っていますが…

IMG_6103-1

どうやら、戦艦を欲しているようですね。

IMG_6103

そして、無邪気な華火に振り回されつつも

なにやら良い感じ…。

IMG_6104

方治も満更じゃない様子。

この辺が今回の最も予想外の展開でしたね。。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。

スポンサーリンク