テガミバチ 第九十八(98)話 「こころ」レビューです。






テガミバチ 漫画レビュー 最新話 最終話 アカバリ クロバリ アオトゲ ネタバレ感想 ニッチ死 感動 ラグシーイング テガミバチ結末 テガミバチ最終回ネタバレ スピリタス シルベット最後

テガミバチ 最新レビューリンクなど

・テガミバチ 最新レビュー
・前話 第97話 「光針」レビュー
・テガミバチレビュー一覧

ラグ達の帰る場所。シルベットの「こころ」

ついに、そして今度こそは大切な人の「こころ」を取り戻すことができたラグ。

ラグはシルベットの「こころ」に寄り添います。

” 何があっても必ず… “

982

” この家へ帰ってくること…!! “

ラグ達を見送り続け…

” 必ず… 元気に帰ってきてくれる…… “

983

” あなたの背中が見えなくなるまで… “

待ち続けたシルベット。

気丈に振る舞うものの…

984

寂しさに涙することも…。

寂しさだけでなく、ラグ達が無事かどうか、心配や不安も大きかったでしょう。一人ぼっちになることを経験しているからこそ、その怖さも知っていますしね。

それでもラグ達の帰る場所であり続けるために、シルベットはたった一人で自分を律して待ち続けました。

そして、ようやく再会することができた二人の「こころ」と「こころ」。

重なるこころ。ラグの決意。。

” まってるね… わたし…… ずっと… まってるからね… “

985

” ラグ…… だいすき…… “

そして、シルベットの「こころ」は一足先に自分の場所へと帰っていきます。

できれば、二人とも意識のある状態でも、早く再会して欲しいですね。

ラグがシルベットの「こころ」に触れたことで、再び太古の記憶が再生されます。

瞬きの日に生まれた、最後の一人。

ラグの持つ4つの記憶と、シルベットの記憶。揃った5つの記憶を再生させる。

アンバーグランドの太古の記憶の再生が始まり、ラグは涙を拭います。

986

その表情には強い決意が。。

そして、ラグは太古の記憶に向き合います。

スピリタスの鳴動

一方で、スピリタスの攻撃が激化する地上では…。

心弾を撃ち意識を失っているラグを抱えて、回避するニッチとステーキ。

988

ダクダの大釜の人々も「こころ」が戻り、目覚め始めます。

その時、スピリタスの声が響き渡ります。。

989

“ココロ”を渇望するスピリタス。…それにしても“オカアサン”ってどういうことなんだろうか??

そういえば、皮肉なことにスピリタスも”ビー”なんですね。

倒したかと思っていたのに、逆に目覚めさせてしまったようです。

そして、今度はスピリタスは間違いなくラグ達を狙って攻撃を仕掛けます。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。