エンバーミング #58 『DEAD END』レビュー 2ページ目です。

スポンサーリンク




漫画レビュー エンバーミング 人造人間 ホムンクルス フランケンシュタイン ビクター 和月伸宏 感動  近衛 マガツヒ 最新話 ネタバレ ジャンプSQ アニメ動画 頂上バトル かっこいい漫画

エンバーミング 最新レビューリンク など

・エンバーミング 最新話レビュー
・前話 #57『DEAD BODIES④』レビュー
『エンバーミング』 レビュー一覧

エルム=L=レネゲイト 永遠の眠り

さて、アバーラインはエルムのことについてマイク=ロフトに尋ねます。

エルムを調製したピーベリー曰く…

もともとベースとなる素体を持たないエルムは、通常の人造人間よりも脆弱な存在であり、更には特化型という精密精緻な創造且つハイパワーを必要な機能を付加することによってその状態は時間と共に確実に悪くなって行く…と。

つまり、調製を繰り返しても長く持ちはせず、月日を追う毎に眠る時間が長くなり、そして…

「 やがてそのまま起きるコトなく  人造人間エルム=L=レネゲイトは 」

IMG_1354

「 夢の中で永遠の眠りにつく——・・・ 」 

と。

エルムを”守るための能力”、彼女が二度と傷つかないようにとの”能力”が逆に彼女の”命”を削ることに…。

残酷…な事実ですが、アシュヒトはそのことをしっかりと受け止めています。

” …… いいえ これでいいんです 夢の中でなら エルムは “

IMG_1355-1

” 独ぼっちではありません “

夢の世界では二人のエルムは出会うことができますからね。

そんなエルムを暖かく見守るアシュヒト。

” おやすみなさい “

IMG_1355

” エルム “

彼女を看取る”その時”が来るまで…。

アシュヒトにとっては非常に辛い事ですよね。それでも、彼の選んだ答え…。ああ、せつない。。


スポンサーリンク




一対のナイフ。最後の資料。。

さて、ヴァイオレットは一つのケースの前で立ち止まります。

IMG_1356

そのケースの中に展示されているものは、一対のナイフ。

最後の資料。

IMG_1357

究極の9体目(ノイン)、運動機能特化型人造人間の資料。

そのナイフを見つめるヴァイオレット。

そのヴァイオレットの様子を見て、アバーラインが語り始めます。

” 彼 “の最期を…

“彼”の最期

僅かに残る電流の残滓。

IMG_1358

持ちうる全ての電流を放出しきり、残されたのは消え入りそうなほどにかすかな電流。

“人造人間”でありながら、誰よりも“人間”だった男。

みなが”彼”の周りに集まります。口にはしないものの確実に”彼”に近づく”死”を感じる一同。

2ページ目はここまでです。3ページ目は以下より。


スポンサーリンク