エンバーミング #53 『DEAD BODY and NECROPHILIA②』レビューです。




漫画レビュー エンバーミング 人造人間 ホムンクルス フランケンシュタイン ビクター 和月伸宏 感動  近衛 マガツヒ 最新話 ネタバレ ジャンプSQ アニメ動画 頂上バトル かっこいい漫画

エンバーミング 最新レビューリンク など

・エンバーミング 最新話レビュー

『エンバーミング』 レビュー一覧

死に魅入られた人々

死を憎み 永遠に憧れた賢人

死を愛で 命を忌み弄ぶ智人

IMG_0345

何れも死に踊らされ…

死体愛好家 トート=シャッテン

大創造主Dr.ゲバルト=リヒターの助手となったトート=シャッテン。

ポーラルート製全人造人間の91%を創造するDr.リヒター。

大創造主の圧倒的な技量に感服するトート。

しかし…

“ 人造人間を ”
IMG_0347

“ 死体を愛していない ”

ゼクスの創造

大創造主相手にしても偉そうなトート。

リヒターは究極の6体目、ゼクスの創造を再開するといいます。しかし、その創造はひとりで行なうと…。

トートに必要な物品をリヒターの専用研究所に運ぶよう申し付けます。

トートの見る世界。対人恐怖と被害妄想。。

その途中、同僚の研究者達と遭遇するトート。

IMG_0348

彼らは皆、幼いながらに優秀なトートに優しく声をかけますが…

そんな彼らの声もトートの耳には…悪口雑言にしか聞こえない。。

トートは生者を嫌っているというよりは恐れているように見えますね。。

ゼクスの素体 地下研究所にて…

地下の研究所へと一人降りていくトート。

生きている者達からはなれるにつれ、徐々に安定を取り戻すトートの精神。

IMG_0350-1

リヒターの研究所でゼクスの素体となる死体を目にしたトートですが…

IMG_0350

その素体には偽装が施されていた!!

リヒターの偽装を見破るトート。

IMG_0351-1

死体の正体は…ジョン・ドゥ。。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。