機巧童子ULTIMO 第四十七(47)幕 「剥牙白無垢」レビューです。


ボロボロに傷ついたウルティモと大和。



狭山さんを侮辱したことをフサ太郎に謝らせるまで、そして自身が疑ったことを謝るまで、あくまで負けを認めない大和。
ジェラスに当て身を喰らわされる大和ですが…
” あと少し あと少しで答えに辿り着けそうなんだ “
” だから今日ばっかりは寝てらんねー “

” だから邪魔をすんならおめーだってぶっとばす! “
” たとえ機巧童子だろーがな! “
もっと大和を痛めつけるようにジェラスに命じるルネ。
ジェラスは躊躇いますが、大和の右腕を切断します。
狭山さんへの嫉妬から、大和に謝罪を要求するルネ。
” …全く君の言うとおりだよ この世に「善」も「悪」もあったものじゃない “

” あるのは一つ自己満足のエゴとエゴの押しつけあいだけ “
” だから結局 勝った方が正しいということなんだ “
ルネの言葉に、突然…

何かを悟った大和。
その大和の言葉を間違って受け取ったルネは、大和が自分への非を認めたと思い….。
” 誰もがみんな自分さえ幸せならそれでいいんだ “
と、大和を仲間に引き入れようとしますが…
そのとき

” 「善」と「悪」は存在します “
壊れていたはずのウルティモが…
善悪が存在する。
その理由は…
” 何故ならその言葉があるからです “
つまり、その二つの言葉が存在することで、それゆえに人はそれが一体なんなのか、そしてその違いと生き方を模索してきたと。
もともとあった「善」と「悪」にあとから言葉をつけたのではなく、言葉がまずあったことで「善」と「悪」が生じたという理屈ですね。
” そして今目の前に立っている者がその証 “
ウルティモ 愛の全力進化
” 大和様は一つの答えに到達したのです “
大和の達した答えとは…
ウルティモ 東大和
わかった気になること!!
そして、大和はいつかおあずけにした”恋の勝負”の決着を申し出ます。
大和の考えは筒抜けだというルネの発言に、それでもいいってわかってるだろと返す大和。
” …全く くやしいけど感じちゃうよね “
ジェラス ルネ
” 君を殺して僕も死ぬ!!! そんなほのかな嫉妬の炎をさあ!!!”
ルネの全てを受け止めるという大和。
そして、

” 気付いた愛の全力進化! “
ウルティモ 白無垢ウルティモフロンタルティルドーン
” ウルティモフロンタルティルドーン!!! “
白無垢に包まれたウルティモ。
そして、
” ICON!!! “
ウルティモ 進化ICON 大和・GUFTD
” 大和・GUFTD!!! “
ウルティモが進化!!
そして再びルネと激突!!
大和vsルネ ウルティモvsジェラス
アジトで状況を把握しているバイス。。
過去 バイス
それにしてもすごいコスプレ集団だなwww
バイスは大和達を裏切った狭山さんと大和をはやく会わせたいと…。
ウルティモ 狭山さん
まあ、しかし大和は狭山さんの正体を知っているわけですからね。。

機巧童子ウルティモ レビュー一覧

<関連レビュー>          
>第四十六幕
>
第四十八幕「未来与一再会硯」レビュー
<