『双星の陰陽師 化野紅緒編』-千怒との邂逅- First out「紅緒と神威」3ページ目です。



スポンサーリンク










双星の陰陽師 最新レビューなど

・双星の陰陽師 最新話レビュー
・双星の陰陽師 番外編 最新話レビュー
・双星の陰陽師 化野紅緒編 最新話レビュー
・双星の陰陽師 最新考察

・#45「おかえり、勘ちゃん先生」レビュー

・『双星の陰陽師』 レビュー一覧

紅緒の覚悟。最強の婆娑羅”千怒”との邂逅。

さて、神威の行為によってさらに精神的に追い詰められた紅緒でしたが、それでもろくろとの約束を心の支えに、前を向いて歩き続けることを誓います。

” “命”ある限りは前へ!!(誓いを果たすまでは前へ) “

いや、いいシーンで水を差すのは何なのですが、最近フリガナがすごいことになっているのが当たり前になってきてますね、この作品笑

そして、神威との旅をし始めて2か月近く経った頃。

唐突に神威が目的地に着いたことを告げます。

二人がたどり着いた場所は、京都。

そして、そこには…

最強の婆娑羅千怒が!!

それにしても、この容姿清明と瓜二つですよね。

以前、別記事で千怒について考察していますので、よろしければそちらもどうぞ。

『双星の陰陽師』考察 -婆娑羅序列1位、最強の婆娑羅「千怒」の正体(予想)-

意外なことに、千怒は人間の作ったものを愛好しているようで、禍野に迷い込んだ(?)人間の持ち物を漁り、まだ使えるものを探し自分のものにしているようです。

ちなみに、今回はまだ使えるウォークマンを見つけたようです。他にも、二股に結った髪先にはそれぞれ違う髪留めがつけられています。

千怒は紅緒(双星の陰陽師)の来訪を予想していたかのような発言をしており、どうやら紅緒が呪力を取りもどすに役立つ情報をちゃんと持っていそうです。

果たして、どのように紅緒は呪力を取り戻すのでしょうか・・・。



スポンサーリンク





紅緒を狙う狂気。。婆娑羅第6位”赫夜”。。

一方、事態は良い方ばかりには転がりません。

ここにきてさらにもう一体の婆娑羅が登場します。

婆娑羅の序列第6位

“赫夜”!!

無悪からの情報で、”双星の片割れ”がいることを知り、紅緒の呪力を奪い取りに来たそうです。

赫夜が”とっても強い呪力が大量に”と言っていますが、個人的には婆娑羅やケガレの”呪力を奪う”仕組みが理解しきれてないんですよね…。

まあ、その辺はまたいずれまとめてみます。

ところで、この赫夜。彼女もまた、なかなかに厄介そうなキャラクターです。

序列こそは、かつて戦った聖丸よりも下ですが、異常性はこちらに分がある気がしますね。

おそらく自分の殺したであろう陰陽師のミイラ化した死体を”ダーリン”と呼んで、自身の側に置いています。

とにかく、番外編で紅緒の相手となるのは、この赫夜のようですね。最終的には独力でこの赫夜を倒すようになるのでしょうかね。

なんにせよ、呪力を吸収することを目的とする赫夜としても、紅緒の呪力の回復は必須でしょうからとりあえずは紅緒の呪力回復への準備は万端に整った感じですね。

本編もですが、化野紅緒編の今後の展開も目が離せませんね。

前後話レビューリンクなど

・双星の陰陽師 #45「おかえり、勘ちゃん先生」レビュー

・『双星の陰陽師』 レビュー一覧

関連記事はページ下部にリンクがあります。



スポンサーリンク