一騎当千 第百六拾二(162)話 レビュー

IMG_1186


スポンサーリンク









漫画レビュー 一騎当千 パンチラ 爆乳 巨乳 おっぱい パンツ エロ 三国志 孫策伯父 闘士 パンモロ ネタバレ 画バレ 塩崎雄二

一騎当千 最新レビューリンク など

・ 一騎当千 最新話レビュー

・前話 第百六拾壱話 レビュー

・『一騎当千』 レビュー一覧
・『真・一騎当千』 レビュー一覧

天下無双の高み

かつて…

IMG_1185

目指した高み”天下無双”。。

そして、今…

IMG_1186-1

実際の天下無双が目の前に…。

新免武蔵…宮本武蔵。

武を志し、武を極めし最強の求道者。

その強さ、世に並ぶものなし。

関羽と武蔵

関羽と武蔵、奇しくも東西の雄が行き合ったことになります。

しかし、武蔵は関西にも轟く関羽の名すら知りません。

IMG_1187-1

誰もかれも眼中にないと言う事でしょうかね。

これぞ天下無双、すべての武芸者の頂点に立つ者の余裕といったところか…。

…ただ単に天然娘という線も大いにありそうですが…。

ちなみに彼女、大和学園の生徒のようですが、どうも卑弥呼の下についているわけではないようですね。

むしろ、卑弥呼のことは見下している感じすらあります。

IMG_1187

それにしても、なんか可愛らしい。

関羽は彼女から感じる空気に違和感を感じます。

殺気はおろか闘気さえ感じさせない。。

それほどの境地に武蔵はいるということですか。

常に自然体。まさに最強、全てを超越しているといった感じです。

ちなみに愛宕山に来たのも、卑弥呼のことなどどうでもいいらしく、ただ強いやつがいると聞いたから来たそうです。


スポンサーリンク




武蔵の力試し。抜刀。。

そして…

” 抜け “

IMG_1188-2IMG_1188-1

突如関羽に刀を差し出す武蔵。

刀を抜けと。関羽にすら気付かれる事なく間合いを詰めて…。

戸惑いつつも関羽は刀を受け取り抜刀を試みます。

IMG_1189-1

しかし、刀はびくともしません。

 

一騎当千、唯一の縞パン!?

刀を抜くことができない関羽を見ている武蔵。

そんな中、武蔵のサービスショットが…。

…この作品では、サービスショットというか、もう普通の一コマですが笑

IMG_1189-2

あ、この縞パン…。武蔵だったのか…。

一騎当千唯一の縞パン。。

他はみんな、白の無地ですからね。

あの時は卑弥呼かと思っていましたが…。

顔良の耳も卑弥呼が持っていたし…。

さすが、他と次元を隔する存在は下着も違う笑

閑話休題・・・

抜けない刀

さて、話を戻しまして、武蔵に渡された刀を抜くことができずにいた関羽。

武蔵曰く、その刀は血で錆びついているのだと…。

関東で一番目の被害者、顔良。

顔良を倒し、その耳を切り落としたのは武蔵だったのです。

そして、そのまま血を拭わずに納刀したと。。

血と刀が錆び付き…

“並の闘士”には抜けないと武蔵は語ります。

IMG_1189

しかし、Sランクの武神関羽でさえも”並”扱いとは…。

それにしても、天下無双の剣豪なんだから、もっと刀を大切にしてやってよ…と思ったのは私だけでしょうか笑

しかし、錆び付いて抜けない刀であれば、一つおかしなことが…。

抜刀できないにも関わらず、狐たちが“斬られている”事に関羽は疑問を感じます。

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。


スポンサーリンク