一騎当千 第百四拾六(146)話 レビュー です。

一騎当千146



圧倒的な関羽の実力に這いつくばる胤舜。
注)別に土下座している訳ではありませんwww
関羽雲長
そんな胤舜を見下ろす関羽。
余裕ありますね。。
これまで、常に相手より上位に立ってきた胤舜は、自分より強い関羽の存在が認められない。。

余裕をかなぐり捨て、感情をあらわにして全力での猛攻!!
が!!

寸止め!!

そんな胤舜にも寸止めで対応できる程の関羽。
めちゃめちゃ強ぇし。
圧倒的です。。
Sランク同士でもこれだけの実力差が出来るんですね。
もちろん、いままで戦いにおいて常に相手の上位に立ってきた胤舜が互角以上の力を持つものの存在に、戸惑い、動揺している部分もあるんでしょうが。。。
戦いにおいて、精神状態は大切ですからね。
しかし、関西では関東と違って頭首同士の戦いってないんでしょうかね??
卑弥呼とかなら、胤舜よりも強いんじゃ…。
対して、常に冷静沈着な関羽
Sランク闘士としての胤舜の体面さえ気遣います。
この人は本当に精神力半端ないな。。

ま、でも敵に気遣いを受けて”ありがとうございますm(^_^)m”なんて事になるわけないですねwww
チャラチャラしたようにみせて、生まれたときからSランクという重みを背負って生きてきた胤舜。。

意地でも負けるわけにはいかない!!
〜回想〜
生まれながらのSランク
もちろん胤舜、頭首でした。
興福寺学園!!
小・中・高等部ってことはこの胤舜は小学1年生。つまり6歳ってことですか。
てか、もしやこの爺さん、胤栄??
生まれながらのSランク。。
特別な存在として扱われてきた過去。

もちろんその強さは破格!!
しかし、天才であるが故に常に”強く”常に”特別”であらねばならない。
そのプレッシャーは、いつのしか胤舜に“強さ”こそが自分の”存在の証”だと認識させます。

そしてそれゆえ、敗北は許されない。
“敗北”は即ち”自己の否定”!!
自分が”天才・胤舜”であるためには常に勝ち続けなくてはならない!!
関羽vs胤舜
そして、最後の力を振り絞った胤舜。

しかし、それすらも完全に受け止める関羽。
見事としか言いようがないですね。

胤舜に才能や資質、そしてその背負う重責は自分には及びも付かないという関羽。
が、”強さ”とはそんなものでない。
そして、その“強さ”が欠けているからこそ胤舜は関羽には勝てない…。

関羽のいう“強さ”とは…。

…仲間がいること。
共に喜び、共に戦い、死すらも分かち合う仲間の存在。
劉備 張飛 関羽 桃園の誓い

それこそが”強さ”だと…。

一方、張飛も劉備も無事でした。
しかし劉備、頭蓋骨陥没してなかったか…。

本当よく生きてるよなwww
そして、関羽。勝利!!

かと、思いきや…。
まだ、胤舜は諦めません。

そりゃ、そんな簡単にはねぇ。
“強さ”云々いわれたって、簡単に曲げられる程今まで貫いてきたものは軽くはありません。

執念、怨念ともいえるほどの、強い意志。
これが胤舜がいままでたった一人で背負ってきた重圧なのでしょう。
しかし、そんな胤舜に関羽は語りかけます。
“貴様は何をそんなに孤独におびえている…”


“胤舜安心しろ 貴様はもう一人ではない”
“戦友がすでにいるではないか”

関羽の言葉に、胤舜の心の壁が崩れ落ちます。
天才にはありがちな事ですが…。
生まれついてのSランクですから、当然周りは特別な存在として扱うし、更にはそれを自覚する事で、おそらく同格のものもいず、時とともにどんどんと孤立する事となってきたであろう胤舜。
“仲間”。それを思い出したのか、胤舜の目からは涙がこぼれます。
宝蔵院胤舜
そして、今度こそ決着!!
関羽vs胤舜 決着

しかし、実力だけでなく、内面でまで完全にあいてを上回った関羽。
かっこ良すぎる!!
この胤舜、曹操に少しかぶります。
曹操に対しての夏侯惇のような存在がいればもしくは…。
しかし、以前の弁慶の発言から察するにしても、どうも関西の闘士はあまり義理堅くないというか、忠誠心があまりないようですね。
頭首に人徳がないのかもしれませんが…。
もしかしたら、頭首になるのは凡人のほうがいいのかもしれません。
どちらかというと、凡人(でもないけど)を皆でもりたてる関東突出した天才を崇め奉る関西ってイメージです。
何せ、関東の頭首はみんなランクとしてはB以下ですからwww
ま、後者じゃどうしても、トップは孤立しますよねぇ。
ま、結局今回は何がいいたいかというと…。
やっぱり関さんかっこ良すぎるってことですねwww
今回のイケメンっぷりは完全に主人公を凌駕してる!!
完全に表主人公の孫策を喰いにきてますねwww
ちなみに今月号コミックガムの特典

一騎当千クリアしおりです。
さて、次号こそは我らが蒙ちゃんが活躍してくれるか??
>一騎当千レビュー一覧<