一騎当千 第百伍拾伍(155)話 レビューです。

鳴り響く金属音。
“ 命の音… 魂の音だ… ”


刀を打つ音。。
“ しかし その魂の灯は”

“ 既に消えようとしている ”
村正が刀を打つのを端で静かに待っている趙雲。

一方、劉備たちの泊まっている宿にやってきた刺客
大和学院一年芦屋道満 自称Sランク
大和学院一年芦屋道満 自称Sランク
トイレに出てきた曹仁とはちあわせることに…。
自称SランクVS自称Aランクwww
自称対決www
さすが似た者同士、お胸の方も似た者同士www
しかし、実力の方は…
ミンチ製造機「松風弐号」薄刃乃太刀
“ ミンチ製造機「松風弐号」にゃ ”
なんか、るろ剣の十本刀の刀狩りの張の刀みたいですね。
薄刃乃太刀」だったっけ?
まあ、自称でも2ランク離れていれば、当然の結果ですがね。。

曹仁の大敗。。
下半身がさらけ出されるのは、この漫画のお約束www
そして、芦屋道満は劉備の眠る部屋へ…。
まあ、関羽がいるので何の心配もないでしょうがね。
しかし、遂に芦屋道満とは…。武士でも戦士でも何でもないじゃん…。
まあ、言ってしまえば卑弥呼もですが…。呪術師…陰陽師か。
それにしては、戦闘力高すぎるwww
再び趙雲と村正。
一騎当千村正
刀を討ち終わった村正は…。
目が見えないため、完成かどうか分からない…と。
趙雲に「名刀正宗」を持ってこさせ…
一騎当千 村正 正宗
一閃!!
振り下ろされる一太刀。。

“ しかし その魂の灯は既に消えようとしている… ”

“ だが いつの時代も魂は次の世代へ受け継がれ… ”
一騎当千 趙雲 美人 パンツ フンドシ
“ 必ずや闇を切り裂いてゆくのだ ”
遂に、打上った村正、最後の一刀。
これで趙雲も京都へ!!
この刀の直前に、青龍刀も打ち直されているという事ですので、これで関羽も万全!!
しかし、服だけをこうも見事に切り裂けるとは…。
ある意味妖刀ですねwww
にしても、相変わらず趙雲、美人さんすなぁ。
狩衣の女性っていいな。。
>一騎当千レビュー一覧<