一騎当千 第百伍拾七(157)話 レビューです。

一騎当千 〜十兵衛の涙。。頭首、劉備玄徳!!〜 第百伍拾七話 157話


関東の自称Aランク曹仁を斬・瞬殺(死んでませんがねwww)した関西自称Sランク芦屋道満。
一騎当千 芦屋道満
劉備の休む部屋へと訪れる道満でしたが…
曹仁以外は皆ちゃんと刺客の来訪は想定済みだったようでwww

迎え撃つ!!
ちなみに道満は”レオタード”にはかなり思い入れがあるようでwww
スク水といわれると、かならず訂正を入れるようでwww
しかし、道満は決して一人で乗り込んできた訳ではない。。

狼!!
なんて、統一性のない娘だ。
狐面に猫語に狼ってwww
というより、狐はむしろ安倍晴明なんじゃないのか??
さて、芦屋道満の使役する狼達に応戦する関東勢でしたが…

急所に入ったにもかかわらず、ダメージも感じさせない狼達。
Sランクの関羽ですら、手こずります。
…自称Sランクは伊達じゃないですね。
劉備を逃がすように指示する南陽軍師陸遜。
あいかわらず、自分だけが逃げる訳にはいかないと、駄々(笑)をこねる劉備ですが…

夏侯惇が連れて、戦線離脱。
劉備を追おうとする道満を食い止める関東闘士達。。

夏侯淵…。
“ ネコ語は… ”
夏侯淵 ネコ語嫌い
“ 嫌い…だ ”
って、そこかよwww
最近、夏侯淵の登場シーンが増えてきて、この娘も大概な不思議ちゃんだという事が判明してきましたねwww
さて、宿を抜け出した夏侯惇と劉備。
線路沿いに嵐山に向かうものの…。
既に行く手には狼。
もちろん、後ろからも追ってくる狼。。

逃げ道もない上、劉備が足手まといになり狼達を捌く事も難しい。
窮地に立たされた、その時…
“ 降ろしなさい ”

“ これは頭首命令です ”
勾玉が敵の狙いである以上、自分が投降すれば夏侯惇に類は及ばないと。
そんな劉備に曹操と似たものを感じた夏侯惇…
“ 不思議だぜ… こいつになら ”

“ 命預けてもいいって気がするぜ… ”
一方、三厳。。

満身創痍です。健闘しているようですが、やはり多勢に無勢。。
一騎当千 柳生三厳 隻眼 片目
片目が…。
これも史実にあわせてきているのですかね??
大和学院の生徒の口からこぼれた”頭首命令”という言葉。
頭首…。
その言葉に、三厳の脳裏をよぎるのは…。
劉備の顔。。
一騎当千 柳生三厳 号泣 劉備
空を仰ぎ涙を流す。。
さて、あいかわらず劉備の言動にはイライラさせられますが、少しずつ頭首としての貫禄はついてきたようで。。
それにしても、三厳。
今回の件で関西から離反して、成都に転入するのでしょうかね??
なんとなくアニメ版の馬超と印象が被りますし、ありえない話ではない…か??
>一騎当千レビュー一覧<