赤と蒼のエーレンベルグ Eherenberg of Red+Blue 第2話レビューです。



スポンサーリンク











『赤と蒼のエーレンベルグ』 最新レビューなど

・『赤と蒼のエーレンベルグ』最新話レビュー

・前話 『赤と蒼のエーレンベルグ』第1話レビュー

・『赤と蒼のエーレンベルグ』 レビュー一覧

集団昏倒と「乙女の果実」

学内で集団昏倒事件が発生します。

林檎と果実の影響なわけですが、もちろん一般の生徒たちに原因など分かるわけもなく…。

林檎と果実に課された試練は…「乙女の果実」を集める事。

この「乙女の果実」とは少女が絶頂を迎えた時に生じる想いの結晶なんですと。

あの御方…“ハクセツ”が人に戻るためには現世への”強い想いの引力”が必要とのことで、その最も強い物が『乙女の果実』なんだとか。。

しかし、果たして絶頂時に生じる想いって現世への強い想いなのかな…。。

ちなみに、ハクセツが人ならざる存在になったのも“想いの引力”によるのだとか。。

結局まとめると、林檎と果実のふたりで自分達がイクことなく300人の少女をイカせれば良いとということらしいですね。

ただ、絶頂とはいっているもののチコリータ(この生き物)は“心を満たせば良い”といっていますので、実際に肉体的な絶頂には限らないのかもしれませんね。

しかし、それは決して容易な事でなく(まあ、そもそも300人の少女と致せる関係になるのが既に困難ですが…)二人にはそれぞれ”ハートのリビド”と”カップのリビド”の呪いがかかっているわけです。



スポンサーリンク





林檎と果実の呪縛

チコリータの話に果実は林檎意外に恋に落ちるわけがないと言い放ちますが…。

一方、林檎は触れられるだけでも欲情してしまう程の呪い。

林檎にかけられたこの“心とは裏腹に身体が求める『カップのリビド』”は厄介ですよね。

現在はなんとか抑えてはいるものの…ひとり保健室で休む、と林檎はその場をあとにします。

そんな林檎を見て果実は…善処する、林檎を“また”傷つけたくはないから…といいますが。

過去に二人の間に何があったのか。。

物語は回想に入ります。

過去編。二人の出会い。。

林檎と果実の出会いは…

林檎は果実の父の友人の忘れ形見で、どうやら果実の父に引き取られたようです。

林檎の父も果実の親も画家。

二人は果実の家でヌードデッサンのバイトをして一緒にくらしていました。つまり、果実の父の絵のモデル担っていたということですかね…。結構歪んでるような…。

当初果実は、いわれるがままの林檎を嫌っていた。

しかし、二人はそのうちお互いの孤独を埋めるために惹かれ合い…

それでも執拗に”温もり”を求めてしまう果実。

そしてそれこそ”呪い”だといいます。

確かに、”ハートのリビド”とは相性のいい性質ですね、果実は。

そして…そののち二人は手を取り合い、”画家の家”を出ます。

” 永遠の友達 “になるという誓いをたてて。

” それってずっと友達のままですの? “

そんなことを思い出しながら廊下を歩いていると…

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。



スポンサーリンク